2015年10月29日木曜日

英語読書会報告 次回は2015年11月1日です

次回の英語読書会は、2015年11月1日(日曜日)午後2時からです。
「MERE CHRISTIANITY」のBook 4「人格を超えたものー三位一体論序説(BEYOND CHRISTIANITY: OR FIRST STEPS IN THE DOCTRINE OF THE TRINITY)の8章「IS CHRISTIANITY HARD OR EASY」を勉強します。
Native Speakerが2人も参加しているという恵まれた会です。また、翻訳を読んで参加される方もおられます。どうぞ自由にご参加ください。



2015年10月の英語読書会では、MERE CHRISTIANITY BOOK4 「人格を超えたもの-三位一体論序説(BEYOND PERSONALITY: OR FIRST STEPS IN THE DOCTRINE OF THE TRINITY)」の第7章「キリストのふりをしよう(Let’s Pretend)」を勉強しました。以下は、発表担当の井上さんのメモを基に作成したものです。

  1. これまで「神」はどんなもので、何をしたかについて話してきたが、ここからは我々は何をすべきかについて話す。
  2. クリスチャンが祈る時、最初に「私たちの父よ」と唱える。それはまぎれもなくあなた自身を神の子キリストの立場に置いていることである。つまりキリストのふりをしているのである。もちろんあなたは自分が神の子などではないし、意思も興味の対象も神のそれとは全く違うことを知っている。だからキリストの真似をするなどということは本来ならとんでもないことだ。しかし不思議なことに、神は我々にそうするように命じているのだ。
  3. 「ふり」には2種類ある。人を助けるようなふりをして実は助けないというのは悪いふりである。しかし人を真実に導くために演じるふりは良いふりである。本当はあまり好きではない人でも、好きであるようにふるまっていると、たいていの場合数分後には以前より友好的な関係ができるものだ。多くの場合良いものを得ようとするならば、すでにそれを得ているようにふるまうことだ。そうすると自然に良い物が得られる。子供が大人の真似をして兵隊ごっこや、お店屋さんごっこをすることはとても大事なことだ。大人のまねをすることで筋肉が鍛えられたり、知恵が発達したりして成長が促進される。
  4. 同じようにあなたがキリストの真似をしはじめたとたんに、それはたんなる真似でなく真実になることに気付く。同時に、神の子ならありえないようなものがあなたの心の中に存在していることを知るであろう。その時はそれをやめなさい。そして、手紙を書いたり、奥さんの皿洗いの手伝いをしなさい。
  5. すると、あることが生じてくることを知るであろう。人であり神であるキリストがあなたのそばにいて、あなたの「ふり」が現実となるのである。これはあなたの良心があなたに何をすべきかを命じているというようなしゃれた言い方ではない。単にあなたの良心に問えば一つの結果を得るが、キリストを装っているということを覚えているならば、別の結果を得る。あなたの良心が悪いと判断しないような事柄であっても、真剣にキリストのようになることに努めるならただちに取りやめるものが沢山ある。なぜならば、あなたはもはや単に正しい(right)とか間違っている(wrong)とかについて考えていないからである。キリストという人格(a Person)から良い影響(good infection)をうけつつあるのである。それは決められたルールに従うということより肖像画を描くのに似ている。不思議なことであるが、ある意味で規則を守るよりはるかに難しいが、別の意味ではるかに易しいことである。
  6. 真の神の子があなたのそばにいる。彼はあなたを自分のようにしようとしているのである。彼は、いわば、命と思い、すなわち神の子の命(Zoe)をいわば注射(inject)しようとしている。すなわち、ブリキの兵隊さん(the tin soldier)を生ける人(a live man)にし始めているのである。
  7. 「私はいろんな人に助けられたことはあるが、目に見えないキリストに助けられたことは無い」という人がいるが、それは、第一次戦争の時に「パンが不足したとしても、我が家ではいつもトーストを食べているから影響はない」と言った婦人に似ている。パンがなくなればトーストは出来ないのだ。同じようにキリストの助けが無ければ他人の助けはない。キリストはあらゆる方法を通して私たちに働きかけている。いわゆる「信仰生活」を通してだけでなく、自然界や、私たちの肉体、書物、時には反キリスト的に思われる諸経験などを通して働きかけてくる。まじめに教会に通っていた若者が、ある時自分はキリスト教を信じていないと気がついて教会に来なくなったとしても、彼が正直でありかつ親を困らせるためではないならば、そのときキリストの霊は今までより一層彼に近づいていることでしょう。神はいつも人を通じて互いに働きかけるものだから。
  8.  人は他の人にとってキリストの鏡、またはキリストの運び屋(carriers)である。しばしばキリストを運んでいるということに無自覚である。この「良い感染」は、感染の自覚症状のない人々によっても伝染しうる。クリスチャンでない人々が私を助けてキリスト教を信じるようになった。しかし、通常はクリスチャンがそれを伝達する。だからキリスト者の集まりである教会は、互いにキリストを伝え合う場所として非常に重要なのである。2人のクリスチャンがキリストによって働く時、その働きは1人の時の2倍ではなくて、16倍にもなる。
  9. しかし、次のことを忘れてはいけない。生まれたばかりの赤ちゃんは、母親からミルクを飲むが最初はそれが母親であることを知らない。同じように我々ははじめその人の背後にキリストがいることに気付かずに援助を受けることが多い。しかしいつまでも赤ん坊でいてはいけない。私たちは本当の与え手を知らなければならない。我々は助けてくれるすべての人に感謝し、ほめたたえ、愛すべきだが、真の助け主に気がつかなければいけない。人は、たとえとても賢く素晴らしい人であっても、間違いを犯し最後には死に至るものであるから、あなたは信仰のすべてを人に依拠してはいけない。砂で多くの素晴らしいものを作ることができるが、その上に家を建ててはいけない。
  10. ここまでくると、今や新約聖書が常に語っていることを知り始めるのである。新約聖書の中には、「新しく生まれる」(ヨハネによる福音書3:3)、「キリストを着る」(ガラテア3:27)、「キリストがあなたがたの内に形づくられる」(ガラテア4:19)、「キリストの思いを抱く」(第1コリント2:16)などが語られている。これらの言葉は、クリスチャンはキリストが言ったことを読み、実践するように努力すべきであるということ(丁度、プラトンやマルクスの言葉を読み、実践するというような言い方と同じであるが、)を素敵に表現したものだ、という考え方は正されるべきである。これらの言葉は、真の人キリストが、今あなたが祈っているまさにその場所においてあなたに働きかけているということである。それは2千年前に死んだ一人の善良な人の物語ではなく、今もあなたと同じように生きており、天地を創造したその神があなたと共にいて、あなたの内にある古い自己を殺し、神が持つ性質のものに置き換えるのである。最初はちょっとの間だけだが、だんだん長い期間、そして最後には、永久に、全く違ったものすなわちキリストや神と同じものに換えられる。そして神の力、喜び、知識、永遠性に与かるのである。そして、直ぐに次の2つのことを発見する。
    1. 我々は特定の罪深い行いをする以外に、罪深い存在であることを認識し始めるのである。例えば私が夕べの祈りを始め、今日の罪を告白する。告白の内容はほとんどが愛の徳(charity)に関するものである。私はすぐむっとしたり、キレたり、嘲ったり、無視したり、攻撃したりする。それはあまりにも予期しない突然のことだったので、気持ちを立て直す余裕がなかったと言い訳する。しかし、それは実態をよく理解してない言い訳だ。防備を外された時の行動はまさにその人の本質だ。部屋にネズミがいる時、突然入ればそのネズミを見ることができる。しかし突然がネズミを作ったのではなく、ネズミが逃げる余裕がなかったのだ。同じ様に挑発が突然であったことが私を怒りっぽくしたわけではなく、私はもともと怒りっぽい人間だったのだ。ネズミがいつも部屋にいるように、憤りや復讐心はいつも私の心の中にいるのだが、そこは私の意思が届かないところだ。人は自分の行動についてはある程度コントロールすることができるが、隠れた悪い気質を表に出さないようにすることは自己努力では到達できない。クリスチャンになって初めて、そういうことは神によってのみ出来るのだという事がわかる。
    2. これまで私はすべてのことは自分自身がしたことだと言ってきた。しかし、実は神がいて、神が全てのことをしているのだ。我々はなされるままにしているだけだ。「ふり」をさせているのも神だ。三位一体の神は、自己中心で、貪欲で、いつも不満で反抗的な人間を前にしていう、「あなたがたはただの生き物ではなく神の子のふりをしなさい。キリストは人間だが、神が人間になったものだ。また聖霊にみちたふりをしなさい。実際にはそうではなくてもそうであるようなふりをしなさい。そしてそれが現実になるまでふりをし続けるのだ」。神はあなたをキリストのように見せる。キリストはそばにいてあなたと一体となる。神をこのように信じることは最初はとても奇妙に思える。しかしそれは、低いものを高いところに引き上げるときにいつも使うやり方だ。母親は幼い子供にとっくの昔から言葉が理解できているかのように話しかける。飼い犬も人間のように扱っていれば、やがてほとんど人間のようになる。
  11. 話し合ったことは次のようなことである
    1. “pretend” するということは、聖書の中で「主にならうものとなりなさい」といっていることに相当すると思われる。ただ、「洗礼を受けたあなたがたは」とか「神の恵みによって」という条件があるし、たとえ一瞬はそう思ってもやはり「本当にこれが神の心にかなっている」という確信はなかなか持てないものだ。やはり ”pretending” だけではなく “honestly believing” ということが必要なのだと思う。
    2. 「ふりをする」という言葉は、日本人には違和感がある。キリストに見習うというような言葉の方が分かりやすいね。
    3. pretendという言葉は、ある意味で、読者に「ハッと思わせる」効果を狙った言葉ではないか。
    4. 自分がある状態にあるときに、イエス様はどうされるかな、と考えることが大切であるということですかね。
などが話し合われた。

なお、話し合いの中で引用された聖書の箇所は、次の通りである。
  1. 兄弟たち、皆一緒にわたしに倣う者となりなさい。また、あなたがたと同じように、わたしたちを模範として歩んでいる人々に目を向けなさい。(フィリピ 3:17)
  2. あなたがたは皆、信仰により、キリスト・イエスに結ばれて神の子なのです。洗礼を受けてキリストに結ばれたあなた方は皆、キリストを着ているからです。(ガラテヤ 3:26-27)
  3. わたしたちは、今は、鏡におぼろに映ったものを見ている。だがそのときには、顔と顔とを合わせて見ることになる。わたしは、今は一部しか知らなくても、そのときには、はっきり知られているようにはっきり知ることになる。(コリントⅠ13:12)


2015年10月27日火曜日

聖歌隊讃美2015年宗教改革主日



10月25日の宗教改革主日礼拝において歌われた曲は、「われはアルファ、またオメガ」です。(作曲:John Stainer、詞:ヨハネの黙示録 22:13, 4:8b 森田稔教訳編、伴奏:大神さん)

宗教改革者マルチン・ルターは、「神は苦難と十字架の中にしか決して見いだされない。」と言いました。

私たち人間の目には、十字架上のイエス様は、弱く、痛々しい姿をされています。 十字架には神様の本質は隠されています。

神様の本質は、ヨハネの黙示録22:13でイエス様ご自身が言われます。
「わたしはアルファであり、オメガである。最初の者にして、最後の者。初めであり、終わりである。」

この時を超えて、全てを創造し、全てを満たし、全てを支配される神様を、私たちは、高らかに歌うのです。

2015年10月26日月曜日

次週(11月1日)の礼拝のご案内


11月1日 聖霊降臨後第23主日

礼拝10:30より

 礼拝へはどなたのお越しも歓迎します。
 一週間の始まりに、神の言葉による慰めと励ましをご一緒しましょう。
 
 聖書  申命記  6:  1-  9(旧約p.291)
     ヘブライ 9:11-14(新約p.411)
     マルコ  12:28-34(新約p.87)
 讃美歌 (こ)115,(会)244:1-3,244:4-5,250,339
 説教  「 愛したい 」
 司式説教 安井宣生
奏楽   樺沢  
  
<この日の予定>
 9:30 バイブルクラス(1階集会室)Bible Class
 10:30 礼拝(2階礼拝堂)聖餐式があります
 礼拝後 聖書通読会(2階礼拝堂)
 14:00 英語読書会 
 
<聖書> マルコ福音書12:28-34
28彼らの議論を聞いていた一人の律法学者が進み出、イエスが立派にお答えになったのを見て、尋ねた。「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか。」
29イエスはお答えになった。「第一の掟は、これである。『イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。30心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』31第二の掟は、これである。『隣人を自分のように愛しなさい。』この二つにまさる掟はほかにない。」
32律法学者はイエスに言った。「先生、おっしゃるとおりです。『神は唯一である。ほかに神はない』とおっしゃったのは、本当です。33そして、『心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして神を愛し、また隣人を自分のように愛する』ということは、どんな焼き尽くす献げ物やいけにえよりも優れています。」
34イエスは律法学者が適切な答えをしたのを見て、「あなたは、神の国から遠くない」と言われた。もはや、あえて質問する者はなかった。

週報2015-10-25



週報2015-No.43 2015年10月25日
宗教改革主日

【主日の祈り】
恵み深き父なる神様、あなたの聖なる公同の教会を覚えて祈ります。
どうかあなたの教会をあらゆる真理と平和で満たしてください。汚れていたら清めてください。過ちがあれば正してください。節度を欠いているならあらためてください。
良いところを強めてください。求めているところに与えてください。分かたれているところをつないでください。
あなたと聖霊と共にひとりの神であり、今も後も永遠に生きて治められる御子イエス・キリストによって祈ります。アーメン

【礼拝式】                        
司式説教 安井宣生
奏楽   大江
聖書朗読 久保

前奏
始めの歌 122(こども)1-3
み名による祝福/十戒(式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/グロリア
主日の祈り
第1の朗読 エレミヤ 31:31-34(旧約p.1237)
第2の朗読 ローマ      3:19-28(新約p.277)
福音書   ヨハネ    8:31-36(新約p.182)
子どもメッセージ 水上
みことばの歌 300(教会)1-2節
説教   「この世を動かす力は希望である」
感謝の歌  われはアルファ、またオメガ 聖歌隊        
信仰告白       (式文p.7)
奉献
教会の祈り
聖餐の歌 300(教会)3-5節
聖餐式        (式文p.12)
ヌンクディミティス  (式文p.18)
派遣の歌 450(教会)
祝福
後奏

【お知らせ】
■礼拝へようこそ。1517年10月31日に口火を切ることになった宗教改革とそれによって示された神の恵みとその言葉に心を留めてゆきましょう。
■礼拝での聖歌隊の讃美に感謝します。
■礼拝後、簡単に防災訓練が行われます。
■その後、ガラテヤ書を学ぶ会。2階小部屋にて。
■先週に続き、北海道から贈られたかぼちゃを味わうランチ(カレー)が用意されています。お召し上がりください。
■機関誌「本郷」153号が発行されました。どうぞお読みください。編集委員の奉仕に感謝します。なお、製本作業を行いますのでご協力ください。
■子どもたちのこむぎクラブは13:30より礼拝堂。
■役員会議事録を配布しました。お読みください。
■3階排水、キッチン、扉、2階椅子の改修がほぼ終わりました。工事を担当者に感謝します。
□バイブルキャンプが11月14〜15日に御殿場のYMCA東山荘にて行われます。ぜひご参加を。
□教会手帳2016、聖書日課誌(年4冊)のご利用をお勧めします。
□帯広教会の「十勝の豆」(小豆、金時豆、黒豆、大豆)いかがですか。ご注文は鴨下さんまで。
□60周年記念事業献金にご協力を感謝します。 
□ルーテル教会牧師による戦争に反対するキリスト者有志の声明とポストカード(5枚組)をお分けしています。
 
【来週の礼拝】11月1日 聖霊降臨後第23主日
 聖書  申命記  6:  1-  9(旧約p.291)
     ヘブライ 9:11-14(新約p.411)
     マルコ  12:28-34(新約p.87)
 讃美歌 (こ)115,(会)244:1-3,244:4-5,250,339
 説教  「 愛したい 」
 司式説教 安井宣生
 奏楽   樺沢

【今後の予定】
●主日礼拝 日曜10:30
●バイブルクラス日曜 9:30
●聖書に聴く会 木曜10:30
●キリスト教入門木曜19:30

本日 防災訓練、ガラテヤ会、こむぎクラブ、教区合同聖歌隊練習
27日(火) お母さんと赤ちゃんオープンハウス10:30
31日(土) 宗教改革合同礼拝19:00(市ヶ谷教会)
11月1日(日) 聖書通読会、英語読書会14:00
7日(土) 礼拝と音楽セミナー13:30(池袋教会)
8日(日) 子ども祝福式
14〜15日 バイブルキャンプ
15日(日) 田中博二牧師説教、教区全役員協議会

【先週の教会】
 18日(日) 主日礼拝   大人40 子3 計43名
 18日(日) バイブルクラス          4名
 18日(日) ちかちゅう給食作業
 18日(日) 墓前礼拝(小平霊園)
 15日(木) キリスト教入門          3名

【当番】
本日
 聖書朗読     久保
 受付・祈祷・点火 前田
 生け花      宇野く
 献花       樺沢(子誕生日)、安井の(誕生日)

次週(25日)
 聖書朗読  山口
 受付・祈祷 緒方
 受付・点火 藤井
 生け花   村尾た
 献花    稲山夫妻(結婚記念日)、宇野夫妻(結婚記念日)、大江(誕生日)
 
【今週の聖書日課】  詩編46
 26日(月) 1テモテ6:11-21
 27日(水) 2テモテ1:1-18
 28日(水) エレミヤ26:1-16 1ペトロ1:3-9 ヨハネ14:21-27(使徒シモンとユダの日)
 29日(木) 2テモテ2:1-7      
 30日(金) 2テモテ2:8-13
 31日(土) エレミヤ31:31-34 ローマ3:19-28 ヨハネ8:31-36(宗教改革記念日)
                    
【集会のご案内】
  主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 聖書通読会 毎月第1日曜日 礼拝後30分(次回11/1)
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回11/1)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回11/10) 
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より (次回11/22※変則) 
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回11/19)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回11/8)、こむぎクラブ(11/22)
 ガラテヤ会 毎月第4日曜日 礼拝後(次回11/22)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時
 ちかちゅう給食(野宿を余儀なくされている方々へ)11月8日(日)13:30@早稲田
※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。

【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日〜金曜日。
 Christianity Today  毎週金曜日18時30分(無料)

 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分(無料)
 

2015年10月25日日曜日

おかあさんと赤ちゃんのためのオープンハウス2015年10月


10月のオープンハウスは、
27日(火)10:30〜11:30です。

アメリカ人の宣教師と一緒に、英語で歌い、おしゃべりします。
申し込み不要、無料です。
おとうさんの参加も歓迎します。

日本福音ルーテル本郷教会
本郷学生センター
(文京区本郷6-5-13、東京大学正門向かい本郷郵便局うら)

1階の入り口からお入りください。


2015年10月19日月曜日

次週(10月25日)の礼拝のご案内


10月25日 宗教改革主日

礼拝10:30より

 礼拝へはどなたのお越しも歓迎します。
 一週間の始まりに、神の言葉による慰めと励ましをご一緒しましょう。
 
 聖 書  エレミヤ 31:31-34(旧約p.1237)
      ローマ      3:19-28(新約p.277)
      ヨハネ    8:31-36(新約p.182)
 讃美歌  (こ)122(1-3),(会)300(1-2),300(3-5),450
 説教   「この世を動かす力は希望である」
 司式説教 安井宣生   

 奏楽   大江
 
<この日の予定>
9:30 バイブルクラス(1階集会室)Bible Class
10:30 礼拝(2階礼拝堂)こどもメッセージ、聖歌隊による賛美、聖餐式があります
礼拝後、防災訓練
ランチもあります。
13:30 こむぎクラブ
 
<聖書> ヨハネ福音書8:31-36
31イエスは、御自分を信じたユダヤ人たちに言われた。「わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当にわたしの弟子である。32あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」
33すると、彼らは言った。「わたしたちはアブラハムの子孫です。今までだれかの奴隷になったことはありません。『あなたたちは自由になる』とどうして言われるのですか。」34イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。罪を犯す者はだれでも罪の奴隷である。35奴隷は家にいつまでもいるわけにはいかないが、子はいつまでもいる。36だから、もし子があなたたちを自由にすれば、あなたたちは本当に自由になる。
 

週報2015-10-18



2015-No.42 2015年10月18日
聖霊降臨後第21主日   

【主日の祈り】
宇宙のすべてを支配される神さま。
あなたの大いなる恵みによって、地上のすべての民を良ききものとされます。
私たちをみ国に喜び仕える僕とし、絶えずみ旨だけを願い求める者としてください。
救い主、イエス・キリストによって祈ります。
アーメン                                

【礼拝式】
司式説教 安井宣生
奏楽   遠藤
聖書朗読 井上ひ

前奏
始めの歌  81(こども)1,3,4節
み名による祝福/十戒(式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/グロリア
主日の祈り
第1の朗読 イザヤ 53:  4-12(旧約p.1149)
第2の朗読 ヘブライ  5:  1-10(新約p.405)
福音書   マルコ 10:35-45(新約p.82)
こどもメッセージ  久保
みことばの歌 202(教会)
説教    「仕えられるためでなく仕えるために」
感謝の歌  172(教会)1-2節        
信仰告白(式文p.7)
奉献
教会の祈り
ヌンクディミティス(式文p.9)
主の祈り(式文p.10)
派遣の歌  171(教団)3-4節
祝福
後奏

【お知らせ】
■礼拝へようこそ。冷たい空気に包まれるようになりました。ご健康が守られますように。
■礼拝後に聖歌隊の練習が行われます。指導の森田さんにも感謝します。
■本日、13時より野宿者支援ちかちゅう給食の作業が行われます。1階にて。
■15時より、教区秋季墓前礼拝が小平霊園の教会墓地にて行われます。
■本日朝、聖書の学びが開かれました。次回は11月22日(変則的に第4日曜)です。ご参加ください。
■次週は宗教改革主日です。宗教改革の始まりから498年。神の言葉とその恵みの業に立つことを確認します。
■礼拝後、防災訓練が行われます。
■先週、役員会が行われました。議事録は次週配布の予定です。
□学生センター主催のバイブルキャンプが11月14〜15日に御殿場のYMCA東山荘にて行われます。
 詳細はチラシを。ぜひご参加ください。
□教会手帳2016、聖書日課誌(年4冊)のご利用をお勧めします。申込書にお名前をお書きください。
□帯広教会の「十勝の豆」(小豆、金時豆、黒豆、大豆)いかがですか。ご注文は鴨下さんまで。
□60周年記念事業献金にご協力を感謝します。 
□ルーテル教会牧師による戦争に反対するキリスト者有志の声明とポストカード(5枚組)をお分けしています。

【来週の礼拝】10月25日 宗教改革主日・聖餐式
 聖書 エレミヤ 31:31-34(旧約p.1237)
    ローマ      3:19-28(新約p.277)
    ヨハネ    8:31-36(新約p.182)
 讃美歌 (こ)122(1-3),(会)300(1-2),300(3-5),450
 説教 「この世を動かす力は希望である」
 司式説教 安井宣生   
 奏楽 大江 

【今後の予定】
●主日礼拝 日曜10:30
●バイブルクラス日曜 9:30
●聖書に聴く会 木曜10:30
●キリスト教入門木曜 19:30

本日 聖書の学び、ちかちゅう作業13:00、聖歌隊、教区墓前礼拝15:00(小平霊園)
25日(日) 宗教改革主日礼拝、防災訓練、こむぎクラブ、教区合同聖歌隊練習
27日(火) お母さんと赤ちゃんオープンハウス10:30
31日(土) 宗教改革合同礼拝19:00(市ヶ谷教会)
11月1日(日) 聖書通読会
  8日(日) 子ども祝福式

【先週の教会】
 11日(日) 主日礼拝   大人38 子3 計41名
 11日(日) バイブルクラス          3名
 11日(日) 定例役員会            8名
 11日(日) 教区合同聖歌隊練習
 13日(火) 祈祷会(聖書の学びと祈り)    6名
 15日(木) 読書会             10名
 15日(木) キリスト教入門 

【当番】
本日
 聖書朗読  井上ひ
 受付・祈祷 増島と
 受付・点火 大手み
 生け花   錬石
 献花    辻谷(次女誕生日)、山極(結婚記念日)

次週(25日)
 聖書朗読  池田
 受付・祈祷 長岡
 受付・点火 前田
 生け花   宇野く
 献花    樺沢(子誕生日)、安井の(誕生日)

【今週の聖書日課】  詩編91:9-16
 19日(月) 1テモテ3:14-16
 20日(水) 1テモテ4:1-5
 21日(水) 1テモテ4:6-16
 22日(木) 1テモテ5:1-16
 23日(金) 1テモテ5:17-6:2ab
 24日(土) 1テモテ6:2c-10
           
【集会のご案内】
  主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 聖書通読会 毎月第1日曜日 礼拝後30分(次回11/1)
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回11/1)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回11/10) 
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より (次回11/22※変則) 
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回11/19)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回10/25)、こむぎクラブ(10/25)
 ガラテヤ会 毎月第4日曜日 礼拝後(次回10/25)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時
 ちかちゅう給食(野宿を余儀なくされている方々へ)10月18日(日)13時より

※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。

【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日〜金曜日。
 Christianity Today  毎週金曜日18時30分(無料)

 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分(無料)

2015年10月14日水曜日

本郷小学生センター!


本日の本郷学生センター
Today's Hongo Student Center

本郷小学生センター!
英語のクラスの前後に、みんな真剣に読んでます。

次週(10月18日)の礼拝のご案内


10月18日 聖霊降臨後第21主日

礼拝10:30より

 礼拝へはどなたのお越しも歓迎します。
 一週間の始まりに、神の言葉による慰めと励ましをご一緒しましょう。
 
<礼拝>
 聖書  イザヤ 53:  4-12(旧約p.1149)
     ヘブライ  5:  1-10(新約p.405)
     マルコ 10:35-45(新約p.82)
 讃美歌 (こ)81(1,3,4),(会)202,172(1-2),172(3-5)
 説教  「仕えられるためでなく仕えるために 」
 司式説教 安井宣生   
 奏楽   遠藤
 
<この日の予定>
9:20 聖書の学び(1階集会室)
9:30 バイブルクラス(1階集会室)Bible Class
10:30 礼拝(2階礼拝堂)こどもメッセージがあります
13:00 ちかちゅう給食作業
15:00 教区秋季墓前礼拝(小平霊園 教会墓地)
 
<聖書> マルコ福音書10:35-45
35 ゼベダイの子ヤコブとヨハネが進み出て、イエスに言った。「先生、お願いすることをかなえていただきたいのですが。」36 イエスが、「何をしてほしいのか」と言われると、37 二人は言った。「栄光をお受けになるとき、わたしどもの一人をあなたの右に、もう一人を左に座らせてください。」38 イエスは言われた。「あなたがたは、自分が何を願っているか、分かっていない。このわたしが飲む杯を飲み、このわたしが受ける洗礼を受けることができるか。」39 彼らが、「できます」と言うと、イエスは言われた。「確かに、あなたがたはわたしが飲む杯を飲み、わたしが受ける洗礼を受けることになる。40 しかし、わたしの右や左にだれが座るかは、わたしの決めることではない。それは、定められた人々に許されるのだ。」41 ほかの十人の者はこれを聞いて、ヤコブとヨハネのことで腹を立て始めた。
42 そこで、イエスは一同を呼び寄せて言われた。「あなたがたも知っているように、異邦人の間では、支配者と見なされている人々が民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。43 しかし、あなたがたの間では、そうではない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、44 いちばん上になりたい者は、すべての人の僕になりなさい。45人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである。」
 

週報2015-10-11



週報2015-No.41 
2015年10月11日 聖霊降臨後第20主日                                   

【主日の祈り】
全能・永遠の神さま。
私たちが、過ぎた日々にこだわらず、あなたの示す道を進み、終わりの日に、永遠の喜びの冠を授かることができるよう、信仰の賜物を増し加えてください。
救い主、イエス・キリストによって祈ります。アーメン

【礼拝式】
司式説教 安井宣生
奏楽   樺沢
聖書朗読 村尾た

前奏
始めの歌  119(こども)
み名による祝福/十戒(式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/グロリア
主日の祈り
第1の朗読 アモス  5:6-7,10-15(旧約p.1434)
第2の朗読 ヘブライ 4:12-16(新約p.405)
福音書   マルコ  10:17-31(新約p.81)
みことばの歌 494(教団)
説教     「 欠けを補うもの 」
感謝の歌  435(教団)        
信仰告白       (式文p.7)
奉献
教会の祈り
ヌンクディミティス (式文p.9)
主の祈り      (式文p.10)
派遣の歌  294(教団)
祝福
後奏

【お知らせ】
■礼拝後に昼食の用意がされています。
 恵み野教会(北海道)の方より、じゃがいもを沢山戴きました。
 皆でおいしくいただきましょう。1階。400円。
■13時より定例役員会が行われます。
■15時より教区合同聖歌隊の練習。礼拝堂にて。
■今週火曜日13日に祈祷会(聖書の学び)が行われます。
 聖書を学び、食卓を囲む豊かな時です。
■学生センター主催のバイブルキャンプが11月14〜15日に御殿場のYMCA東山荘にて行われます。ぜひご参加ください。
□教会手帳2016(1,100円)、聖書日課誌(年4冊1,600円)のご利用をお勧めします。申込書にお名前をお書きください。
□18日(日)教区秋季墓前礼拝が、小平霊園の教会墓地にて行われます。15時より。
□JELCが宣教師を派遣し続けてきた日系ルーテルサンパウロ教会が本日創立50年を迎えました。
■帯広教会の「十勝の豆」(小豆、金時豆、黒豆、大豆)いかがですか。ご注文は鴨下さんまで。
□60周年記念事業献金にご協力を感謝します。 
□ルーテル教会牧師による戦争に反対するキリスト者有志の声明とポストカード(5枚組)をお分けしています。
 
【来週の礼拝】10月18日 聖霊降臨後第21主日
 聖書  イザヤ 53:  4-12(旧約p.1149)
     ヘブライ  5:  1-10(新約p.405)
     マルコ 10:35-45(新約p.82)
 讃美歌 (こ)81(1,3,4),(会)202,172(1-2),172(3-5)
 説教  「仕えられるためでなく仕えるために 」
 司式説教 安井宣生   
 奏楽   遠藤

【今後の予定】
●主日礼拝 日曜10:30
●バイブルクラス日曜 9:30
●聖書に聴く会 木曜10:30
●キリスト教入門木曜 19:30

本日 定例役員会 13:00、教区合同聖歌隊練習15:00
13日(火) 祈祷会(聖書の学びと祈り)10:30
15日(木) 読書会13:00「人はなんで生きるか」トルストイ著
18日(日) 聖書の学び9:20、ちかちゅう作業、教区墓前礼拝15:00(小平霊園)
25日(日) 宗教改革主日礼拝、こむぎクラブ、教区合同聖歌隊練習
27日(火) お母さんと赤ちゃんオープンハウス10:30
31日(土) 宗教改革合同礼拝19:00(市ヶ谷教会)

【先週の教会】
 4日(日) 主日礼拝 大人45 子4 計49名
 4日(日) バイブルクラス        4名
 4日(日) 聖書通読会          7名
 4日(日) 60年史編集委員会      8名
 4日(日) ちかちゅう給食作業
 4日(日) 英語読書会         11名
 8日(木) 聖書に聴く会         3名
 8日(木) キリスト教入門        4名

【当番】
本日
聖書朗読  村尾た
受付・祈祷 杉山
受付・点火 増島す
生け花   田中
献花    宇野ま(母記念)、辻谷(孫誕生日)

次週(18日)
聖書朗読  井上ひ
受付・祈祷 緒方
受付・点火 大手み
生け花   錬石
献花    辻谷(次女誕生日)、山極(結婚記念日)
 
【今週の聖書日課】  詩編90:12-17
 12日(月) 1テモテ1:1-11
 13日(水) 1テモテ1:12-20
 14日(水) 1テモテ2:1-7
 15日(木) 1テモテ2:8-3:1a
 16日(金) 1テモテ3:1b-7
 17日(土) 1テモテ3:8-13
           
【集会のご案内】
 主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 聖書通読会 毎月第1日曜日 礼拝後30分(次回11/1)
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回11/1)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回10/13) 
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より (次回10/18) 
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回10/15)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回10/25)、こむぎクラブ(10/25)
 ガラテヤ会 毎月第4日曜日 礼拝後(次回10/25)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時
 ちかちゅう給食(野宿を余儀なくされている方々へ)10月18日(日)13時より
※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。

【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日〜金曜日。
 Christianity Today  毎週金曜日18時30分(無料)

 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分(無料)
 

2015年10月5日月曜日

BIBLE CAMP2015!


HONGO ENGLISH BIBLE CAMP
本郷学生センターバイブルキャンプ
Fellowship-Game-Singing-Bible-Discussion-Worship and Mt. Fuji !

■Date■  11.14 sat. 15:00 → 11.15 sun.15:00
■Place■ YMCA東山荘 ディーン・リーパー・メモリアルロッジ
      静岡県御殿場市東山1052
      http://www.ymcajapan.org/tozanso/
     ・新宿より小田急ロマンスカー 95分 御殿場駅下車 タクシー10分
       ロマンスカーは、片道2,810円
       <行き>14日10:50、もしくは12:50発 
       <帰り>15日16:00発以降を予約ください。
      ・新宿より小田急バス 100分 東名御殿場下車 タクシー5分
       バスは片道3,090円
       <行き>14日12:00、12:30、13:00発
       <帰り>15日16:10発以降を予約ください。
■Cost■ 10,000円(1泊3食、保険料込。交通費別。)
      当日いただきます。
      直前のキャンセルの場合、キャンセル料をいただきます。
■Apply(申し込み・問い合わせ)■
      お名前、生年月日、連絡先携帯電話番号、メールアドレスを記入し、
      学生センター受付へ直接、
      もしくは メール hongo@@jelc.or.jp(送信時に@はひとつに) へ 
      〆切は、10/30までです。

本郷学生センター(日本福音ルーテル本郷教会)
113-0033 東京都文京区本郷6-5-13
http://www.jelc.or.jp/hongo/
 

週報2015-10-4



週報2015-No.40 2015年10月4日
聖霊降臨後第19主日                                   

【主日の祈り】
憐れみ豊かな神さま。
あなたは悩めるこの世を絶えず顧みてくださいます。
私たちをみ恵みで養い、世が与えることのできないあなたの宝をお与えください。
救い主、イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

【礼拝式】
司式説教 安井宣生
奏楽   樺沢

前奏
始めの歌   1(こども)
み名による祝福/十戒(式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/グロリア
主日の祈り
第1の朗読  創世記 2:18-24 (旧約p.3)
第2の朗読  ヘブライ1:1-4,2:5-12(新約p.401)
福音書    マルコ 10:2-16(新約p.81)
みことばの歌 303(教会)
説教      「 神が結びあわせてくださった 」
感謝の歌   414(教会) 1-2節        
信仰告白(式文p.7)
奉献
教会の祈り
聖餐の歌   263(教会)
聖餐式
ヌンクディミティス (式文p.18)
派遣の歌   414(教会) 3-5節
祝福
後奏

【お知らせ】
■ようこそ礼拝へ。
 礼拝後にコーヒーなどの準備があります。くつろぎの交わりをどうぞ。
■礼拝後、礼拝堂にて「聖書通読会」が行われます一人では簡単ではない聖書通読に仲間と共に取り組んでいます。現在、創世記。乞うご参加。
■「60年史編集員会」が開かれます。奉仕に感謝します。
■13時より「ちかちゅう給食」作業が開始されます。
■14時より「英語読書会」1階大集会室にて。「Mere Christianity」を読んでいます。
■バイブルキャンプが11月14〜15日に御殿場のYMCA東山荘にて行われます。参加しませんか。
■教会手帳2016年版、聖書日課誌(年4冊)のご利用をお勧めします。申込書にお名前をお書きください。
■18日(日)教区秋季墓前礼拝が、小平霊園の教会墓地にて行われます。15時より。
■機関紙「るうてる」10月号が発行されました。
□帯広教会の「十勝の豆」今年も注文受付が始まります。小豆、金時豆、黒豆、大豆の4種です。次週より受け付けます。
□60周年記念事業献金にご協力を感謝します。 
□ルーテル教会牧師による戦争に反対するキリスト者有志の声明とポストカード(5枚組)をお分けしています。

【来週の礼拝】10月11日 聖霊降臨後第20主日
 聖書  アモス  5:6-7,10-15(旧約p.1434)
     ヘブライ 4:12-16(新約p.405)
     マルコ  10:17-31(新約p.81)
 讃美歌 (こ)119,(団)494,435,294
 説教  「 欠けを補うもの 」
 司式説教 安井宣生  
 奏楽   樺沢 
 
【今後の予定】
●主日礼拝 日曜10:30
●バイブルクラス日曜 9:30
●聖書に聴く会 木曜10:30
●キリスト教入門木曜 19:30

本日 聖書通読会、ちかちゅう給食、60年史編集委員会、英語読書会
11日(日) 定例役員会、教区合同聖歌隊練習
13日(火) 祈祷会(聖書の学びと祈り)10:30
15日(木) 読書会13:00「人はなんで生きるか」トルストイ著
18日(日) 聖書の学び、教区墓前礼拝15:00(小平霊園)
31日(土) 宗教改革合同礼拝19:00(市ヶ谷教会)

【先週の教会】
 27日(日) 主日礼拝  大人39 子4 計43名
 27日(日) バイブルクラス         5名
 27日(日) ガラテヤ会           8名
 27日(日) こむぎクラブ          4名
 29日(火)お母さんと赤ちゃんオープンハウス 7組17名
  1日(木) キリスト教入門       開店休業
 2〜3日 NCC泊まりdeエキュユース

【当番】
 本日
  聖書朗読
  受付・祈祷 安井し
  受付・点火 フォーサイス
  生け花   村尾た
  献花    井上ゆ(父記念)、大手夫妻、
        後藤(結婚記念日)、辻谷(母記念)、フォーサイスあ(誕生日)
 
 次週(11日)
  聖書朗読  村尾た
  受付・祈祷 杉山
  受付・点火 増島す
  生け花   田中
  献 花   宇野ま(母千重子記念)、辻谷(孫誕生日)

【今週の聖書日課】  詩編8
  5日(月) アモス 4:1-13
  6日(水) アモス 5:1-27
  7日(水) アモス 6:1-14
  8日(木) アモス 7:1-15
  9日(金) アモス 8:1-14
 10日(土) アモス 9:1-15
           
【集会のご案内】
  主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 聖書通読会 毎月第1日曜日 礼拝後30分(次回11/1)
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回11/1)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回10/13) 
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より (次回10/18) 
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回10/15)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回10/11)、こむぎクラブ(10/25)
 ガラテヤ会 毎月第4日曜日 礼拝後(次回10/25)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時
 ちかちゅう給食(野宿を余儀なくされている方々へ)10月18日(日)13時より
※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。
 
【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日〜金曜日。
 Christianity Today  毎週金曜日18時30分(無料)

 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分(無料)

次週(10/11)の礼拝のご案内


10月11日 聖霊降臨後第20主日

礼拝10:30より

 礼拝へはどなたのお越しも歓迎します。
 一週間の始まりに、神の言葉による慰めと励ましをご一緒しましょう。
 
<礼拝>
 聖書  アモス  5:6-7,10-15(旧約p.1434)
     ヘブライ 4:12-16(新約p.405)
     マルコ  10:17-31(新約p.81)
 讃美歌  (こ)119,(団)494,435,294
 説教   「 欠けを補うもの 」
 司式説教 安井宣生  

 奏楽   樺沢

<この日の予定>
9:30 バイブルクラス(1階集会室)Bible Class
10:30 礼拝(礼拝堂)こどもメッセージがあります
13:00 定例役員会
15:00 教区合同聖歌隊練習(礼拝堂)
 
<聖書> マルコ福音書10:2-16
17[そのとき、] イエスが旅に出ようとされると、ある人が走り寄って、ひざまずいて尋ねた。「善い先生、永遠の命を受け継ぐには、何をすればよいでしょうか。」18イエスは言われた。「なぜ、わたしを『善い』と言うのか。神おひとりのほかに、善い者はだれもいない。19『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証するな、奪い取るな、父母を敬え』という掟をあなたは知っているはずだ。」20すると彼は、「先生、そういうことはみな、子供の時から守ってきました」と言った。21イエスは彼を見つめ、慈しんで言われた。「あなたに欠けているものが一つある。行って持っている物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に富を積むことになる。それから、わたしに従いなさい。」22その人はこの言葉に気を落とし、悲しみながら立ち去った。たくさんの財産を持っていたからである。
23イエスは弟子たちを見回して言われた。「財産のある者が神の国に入るのは、なんと難しいことか。」24弟子たちはこの言葉を聞いて驚いた。イエスは更に言葉を続けられた。「子たちよ、神の国に入るのは、なんと難しいことか。25金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい。」26弟子たちはますます驚いて、「それでは、だれが救われるのだろうか」と互いに言った。27イエスは彼らを見つめて言われた。「人間にできることではないが、神にはできる。神は何でもできるからだ。」
28ペトロがイエスに、「このとおり、わたしたちは何もかも捨ててあなたに従って参りました」と言いだした。29イエスは言われた。「はっきり言っておく。わたしのためまた福音のために、家、兄弟、姉妹、母、父、子供、畑を捨てた者はだれでも、30今この世で、迫害も受けるが、家、兄弟、姉妹、母、子供、畑も百倍受け、後の世では永遠の命を受ける。31しかし、先にいる多くの者が後になり、後にいる多くの者が先になる。」