2014年6月29日日曜日

週報2014-6-29



2014-No.26 2014年6月29日
聖霊降臨後第3主日

【主日の祈り】
力なる神さま。
生まれながら弱い私たちは、あなたによらないで正しいことを行うことができません。
あなたの戒めを守り、思いと言葉と行いのすべてであなたに仕えることができるよう、み力によって支えてください。
み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

【礼拝式】
司式   益田て
奏楽   山口
聖書朗読 井上ひ

前奏
始めの歌  114(こども)
み名による祝福/十戒 (式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/グロリア
主日の祈り
第1の日課   ホセア 5:15-6:6(旧約p.1409)
第2の日課   ローマ 5:6-11  (新約p.279)
福 音 書   マタイ 9:9-13  (新約p.15)
み言葉の歌 294(教会)  
説教   「罪人となりたもうキリスト」賀来周一牧師
感謝の歌  298(教会)
信仰告白      (式文p.7)
奉献
教会の祈り
ヌンクディミティス  (式文p.9)
主の祈り    (式文p.10)
派遣の歌  338(教会) 1,3,5節
祝福
後奏

【お知らせ】
■本日の礼拝では、賀来周一牧師が説教の奉仕を担ってくださいました。感謝致します。
 礼拝後に先生を囲んで昼食のひとときを持ちます。1階にて。
■礼拝後に聖歌隊の練習が行われます。
■本日14時より板橋教会の宣教60年記念礼拝です。当日参加も可能です。
 共に小石川教会から生み出された家族なる教会です。お祝いしましょう。
■15時より、東教区ディアコニア講演会が行なわれます。「イエスを信じるわたしが、けっこうまじめに日本国憲法について考えた」講師は内河恵一弁護士(名古屋きぼう教会会員)。東京教会にて。
■次週7/6(日)は召天者記念礼拝が行われます。先に天に召された方々を憶えます。キリスト教信仰の有無に関わらず、お名前をあげて祈りますので名簿にお名前をお書きください。
■安井牧師は本日フィンランドのラハティで行われている1万人規模の大会の礼拝に出席、聖餐式の配餐を担当しています。
□牧師の出張に伴い7/3の「聖書に聴く会」と「キリスト教入門」は、お休みです。次回は7/10。
□宣教フォーラム「宗教改革を語れる信徒になろう」 講師は江口再起師(東京女子大)。7/5(土)10:00-16:00蒲田教会。
■今年も夏季特別献金にご協力をお願い致します。目標は50万円です。宣教活動のために。
□ルーテルこどもキャンプ(小学5-6年生対象)が、8/7-9に広島教会にて行われます。

【来週の礼拝】7月6日全聖徒主日/召天者記念礼拝
 聖  書 黙示録  7:9-17(新約p.460)
      1ヨハネ 3:1- 3 (新約p.443)
      マタイ  5:1-12(新約p.6)
 讃美歌  (こ)11,(会)142,(聖)292,(会)271,142
 説教  「 トンネルの終わりに 」
 司式説教 安井宣生 
 奏楽 大江 

【今後の予定】
●主日礼拝 日曜10:30
●バイブルクラス日曜 9:30
●聖書に聴く会木曜10:30
●キリスト教入門木曜19:30

本日 聖歌隊練習、板橋教会60年14:00(板橋)、ディアコニア講演会15:00(東京)
5日(土)宣教フォーラム10:00(蒲田)
6日(日)召天者記念礼拝、支援給食活動、英語読書会14:00
8日(火)祈祷会(聖書の学びと祈り)10:30
11〜13日 全国青年バイブルキャンプ(神学校)
13日(日)役員会、プロジェクト3.11(東京)15:00
16日(水)学生センターサマーパーティー19:00
20日(日)聖書の学び9:20
22日(火)お母さんお父さんと赤ちゃんオ-プンハウス
26日(土)デールパストラルセンター創立記念講演会(東京)13時
27日(日)こむぎクラブ
8/3 (日)平和主日礼拝

【先週の教会】
 22日(日) 主日礼拝 大人39 子6 計45名
 22日(日) バイブルクラス        6名
 22日(日) こむぎクラブ         5名
 24日(火) お母さんと赤ちゃんオープンハウス7組17名

【当番】
本日
 聖書朗読  井上ひ
 受付・祈祷 大手あ
 受付・点火 長瀧み
 生け花   益田め
 献 花   山極

次週(6日)
 聖書朗読  吉見れい
 受付・祈祷 内田
 受付・点火 井上ゆ
 生け花   村尾た
 献 花   内田(父記念)
 
【今週の聖書日課】 詩編119:57-64
30日(月) マタイ12:38-42
 1日(火) マタイ12:43-45
 2日(水) マタイ12:46-50
 3日(木) マタイ13:10-17
 4日(金) マタイ13:18-23
 5日(土) マタイ13:36-43

【集会のご案内】
 主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
  (こどもから大人までどなたでもご遠慮なくご参加ください)
バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回7/6)
祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回7/8)
聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より (次回7/20)
読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回9/18)
こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回7/13)、こむぎクラブ(7/22)
聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より 6/26 ,7/3休み
キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より同上 /求道者会(入門講座)随時
※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。

【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日〜金曜日。
 Christianity Today  毎週金曜日18時15分(無料)
 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分
 

2014年6月25日水曜日

「聖書に聴く会」、「キリスト教入門」について


毎週木曜日に「聖書に聴く会」、「キリスト教入門」が行われています。

都合により、
6月26日と7月3日について、2週に渡り、お休みとさせていただきます。
楽しみにしてくださっている方には申し訳ありません。

次回は、7月10日です。

本郷教会・本郷学生センター

2014年6月24日火曜日

Do Not Fear, and Throw Away the Bad (Matt 10:26-39)



Do Not Fear, and Throw Away the Bad (Matt 10:26-39)

1.
All the people in the world are watching the World Cup of Soccer. People in Japan are watching FIFA games with the impression that Samurai Blue has not exerted its last ounce of strength. Pope Francis made an impressive comment on June 12, the day before the opening match. He is a very earnest fan of soccer.
“We must throw away individualism, selfishness, all forms of racism, intolerance and manipulation of people to win in sioccer games.” (The Mainichi Newspaper, June 13, 2014)

2.
Today’s text from Matthew tells that Jesus is going to send his disciples out. Matthew’s chapter 10 tells about Jesus’ encouragement to his disciples. He says that some people will oppose thme, but some will welcome them. He says, “I am sending you out like sheep among wolves.” He wants to say that their work will not be easy. It means that it is difficult for them to share Jesus’ work. Some people would not understand that their works are followed by difficulty.

We would not be able to enjoy pleasant events without preparation. We would not be able to enjoy the feeling of refreshment of mountain-climbing without the tough work of climbing. Some of you may feel it difficult to walk in faith, and think it goes unrewarded. But please remember that such difficulty is meaningful. We have joy to be welcomed as well as joy to welcome, and we must work to invite people.

What the disciples experienced at Pentecost was that people, who had joy to be welcomed, would begin to welcome people, namely, telling the good news to them.

3. 
Jesus continues to say, “Therefore be as shrewd as snakes and as innocent as doves” so that his disciples might survive without aggrieved feelings or becoming elated by martyrdom. The Bible says, “the serpent was more crafty than any of the wild animals the Lord God had made.” (Genesis 3:1) Doves stand for purity and meekness. (Song of Songs 2:14) It is necessary for us to have the shrewdness of snakes to watch our enemies and escape from dangers, and innocent meekness so that we do not fear anyone. Furthermore, Jesus predicts fearful situations. He predicts that terrible conflicts would occur in our families, “I have come to turn ‘a man against his father, a daughter against her mother, a daughter-in law against her mother-in-law—a man’s enemies will be the members of his own household.’” But Jesus repeatedly says, “Do not worry,” and he encourages his disciples.

4.
His disciples’ role was to tell God’s words, good news. The good news is that God comes near to us. It means “You are loved by God as you are.” It is necessary for us to direct ourselves to God in order to know the meaning well. It is necessary for us to realize that we are accepted by God so that God’s invitation may become a present for us. When you receive the present, you will become different from before. The good news satisfies you with peace and joy, and at the same time it changes you so that you may embody your joy to welcome others.

5. 
People in power think that God’s words, the good news, drive the public to repent. People in power feel that the good news is a kind of sword. So those who are engaged in disseminating the good news become opponents or enemies of the people in power. So the disciples whom Jesus sent out had to live as sheep among wolves.

But the experience of suffering is not negative. Those who try to overcome their suffering with their own efforts will be defeated. Their salvation comes from God. So it is unnecessary for them to worry.

6. 
People in power in our country try to restrain people’s voices, and tread on their anger and sorrow. The authorities try to build up the military for its own convenience, and justify the arms and war against the other countries. We fear that the situation would cause war, and our children would be entangled in it. We worry that such preparations are going further. But God’s words are not left hidden as they are. People’s voices against those movements are not left hidden as they are. Those who are in suffering from radioactive contamination are not left restrained as they are. The opinion of a lady promoting a better environment for childcare has been criticized with “You should give birth to children.” Such people’s tears are not left hidden as they are. Jesus says, “Are not two sparrows sold for a penny? Yet not one of them will fall to the ground apart from the will of your Father.” God never leaves the little ones, however small they are. God cares for them. Under the relationship with God, none need to worry. The relationship will never be broken by any power. We do not need to worry. The relationship between parents and children and other family relationships are based on the relationship with God. 

7.
St. Francis of Assisi used to live as a son of a multimillionaire cloth merchant. But it was told that he suddenly heard God’s voice, “Rebuild my church!”, when he prayed in a shabby church alone. Then, he decided to leave his position and his family. He did not hate his family. He thought his relationship with God was the most important, and thought he was of God’s own. Its relationship superseded his relationship with his family. He tore his clothe, when he was going to leave his home. It stood for his determination to depart from his father who was a wealthy cloth merchant. He said, “My father up to now has been Pietro Berunardone, but from now on my only father is Father in Heaven.” And he lived among poor people, and lived together with them.

8. 
Pope Francis named himself after St. Francis in Assisi. The Pope from South America makes the most of living together with poor people. He tells about the joy and grace of such living. Let’s remember his message about the FIFA world cup. "To win, one must overcome individualism, selfishness, all forms of racism, intolerance and manipulation of people." This message is not only applicable to soccer. “Individualism, selfishness, all forms of racism, intolerance and manipulation of people” lurk in our minds. They stand for the darkness in our society.

9.
As I said before, we should make the authorities throw away its manipulation of people, when we are afraid that it is going to try to restrain people’s voices, tread on their anger and sorrow, and build up the military for its own convenience. Our opinions may not be so effective. In addition, we might expose ourselves to danger. But remember that each of us is sent by God to tell the good news to the world. God does not forget each little one. As Pope Francis says to us, “football teaches the need to train and work hard to reach goals, the importance of fair play and teamwork, and the need to respect and honor opponents.” God gives us the role to disseminate God’s love in order to promote world peace. We are surrounded by fearful situations, but let’s walk with our Lord without fear.


(Translated by Toshiyuki Masujima)
(This is the English translation of Rev Nobuo Yasui’s sermon which is to be preached at Hongo Church on June 22, 2014)

週報2014-6-22




2014-No.25 2014年6月22日

【主日の祈り】
主なる神様、どうぞお教えください。
あなたにふさわしく仕えることを、払う犠牲を顧みず与えることを、受ける傷を気にかけず闘うことを、憩いを求めず労することを、報いを願わず働くことを。そしてただあなたのみ旨を行っていることがわかるだけで満足することを、わたしたちに教えてください。
救い主、イエス・キリストによって祈ります。アーメン

【礼拝式】
聖霊降臨後第2主日
司式説教 安井宣生
奏  楽 樺沢
聖書朗読 鴨下

前奏
始めの歌  16(こども)
み名による祝福/十戒 (式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/グロリア
主日の祈り
第1の日課   エレミヤ 20: 7-13(旧約p.1214)
第2の日課   ローマ  6:1b-11(新約p.280)
福音書     マタイ  10:24-39(新約p.18)
こどもメッセージ
み言葉の歌  28(教団)
説教   「 恐れず捨てさせよう 」
感謝の歌  314(教団)
信仰告白      (式文p.7)
奉献
教会の祈り
ヌンクディミティス  (式文p.9)
主の祈り    (式文p.10)
派遣の歌    195(教会)
祝福
後奏

【お知らせ】
■礼拝後にコーヒーの用意があります。寛ぎの時を。
■礼拝後に聖歌隊の練習が行われます。
■13:30より、こむぎクラブです。
■次週29日の礼拝は賀来周一牧師が担当くださいます。
 長きに渡る牧師、教師、カウンセラーとしての経験をお持ちの先生です。お楽しみに。
■29日にディアコニア講演会が行なわれます。
 「イエスを信じるわたしが、けっこうまじめに日本国憲法について考えた」講師は内河恵一弁護士。
  15:00-17:00東京教会にて。入場無料。
□29日14:00より板橋教会の60年記念礼拝が行われます。皆で参加しましょう。
■牧師の出張に伴い毎週木曜日の「聖書に聴く会」と「キリスト教入門」は、6/26と7/3の2回がお休みとなります。次回は7/10です。
■7/6は召天者記念礼拝が行われます。先に天に召された方々を憶えます。キリスト教信仰の有無に関わらず祈りますので名簿にお名前をお書きください。
■宣教フォーラム「宗教改革を語れる信徒になろう」 講師は江口再起師(東京女子大)。7/5(土)10:00-16:00蒲田教会。申し込み表に記入ください。
■今年も夏季特別献金をお願い致します。宣教活動のためよろしくお願いします。
□ルーテルこどもキャンプ(小学5-6年生対象)が、8/7-9に広島教会にて行われます。
□全国青年バイブルキャンプ7/12-13@神学校。参加締め切りは本日6/22。

【来週の礼拝】 6月29日 聖霊降臨後第3主日
 聖 書 ホセア 5:15-6:6(旧約p.1409)
     ローマ 5:6-11  (新約p.279)
     マタイ 9:9-13  (新約p.15)
 讃美歌 (こ)114,(会)294,298,338(1,3,5)
 説 教  「 罪人となりたもうキリスト 」賀来周一牧師
 司 式 益田
 奏 楽 山口
 
【今後の予定】
●主日礼拝 日曜10:30
●バイブルクラス日曜 9:30
●聖書に聴く会木曜10:30(次回7/10)
●キリスト教入門木曜19:30(次回7/10)

本日 聖歌隊練習、こむぎクラブ
24日(火) お母さんと赤ちゃんオープンハウス
29日(日) 賀来先生説教奉仕、板橋教会60年14:00、ディアコニア講演会15:00(東京)
 5日(土)宣教フォーラム10:00(蒲田)
 6日(日)召天者記念礼拝、支援給食活動、英語読書会
 8日(火)祈祷会(聖書の学びと祈り)
11~13日 全国青年バイブルキャンプ(神学校)
13日(日)役員会、プロジェクト3.11(東京)15:00
16日(水)学生センターサマーパーティー19:00
20日(日)聖書の学び9:20

【先週の教会】
 15日(日) 主日礼拝 大人38 子2 計40名
 15日(日) バイブルクラス        5名
 15日(日) 聖書の学び          6名
 15日(日) 記念誌編集委員会       5名
 17日(火) 祈祷会(聖書の学びと祈り)  5名
 19日(木) 聖書に聴く会         3名
 19日(木) 読書会            8名
 19日(木) キリスト教入門        5名

【当番】
本日
 聖書朗読  鴨下
 受付・祈祷 緒方
 受付・点火 水上
 生け花   田中
 献 花   ポール誕生日)

次週(29日)
 聖書朗読  井上ひ
 受付・祈祷 大手あ
 受付・点火 長瀧
 生け花   益田め
 献 花   山極
 
【今週の聖書日課】 詩編69:8-11
 23日(月) マタイ12:1-8
 24日(火) マラキ3:1-4 使徒13:13-26 ルカ1:57-80(洗礼者ヨハネの日)
 25日(水) マタイ12:9-14
 26日(木) マタイ12:15-21
 27日(金) マタイ12:22-32
 28日(土) マタイ12:33-37

【集会のご案内】
 主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
  (こどもから大人までどなたでもご遠慮なくご参加ください)
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回7/6)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回7/8)
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より (次回7/20)
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回9/18)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回7/13)、こむぎクラブ(7/22)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時

※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。

【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日~金曜日。
 Christianity Today  毎週金曜日18時15分(無料)
 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分

2014年6月18日水曜日

2014年6月29日の礼拝は特別な説教者が来てくださいます


6月29日の日曜礼拝には、特別な説教者として賀来周一牧師がご奉仕くださいます。

賀来周一先生は、キリスト教カウンセリングセンター相談所長であり、日本福音ルーテル教会の牧師です。柔和を絵に描いたような穏やかな方であり、長きに渡る牧師、また研究、カウンセリングの実践と教育の豊かなご経験をお持ちです。

とき  6月29日(日)10時30分〜12時
ところ 日本福音ルーテル本郷教会(東京都文京区本郷6-5-13)

礼拝説教「罪人となりたもうキリスト」

どうぞ楽しみにいらしてください。

<賀来周一先生の略歴>
鹿児島大学、立教大学大学院、日本ルーテル神学校、米国トリニティー・ルーテル神学校卒。
日本福音ルーテル教会牧師として、京都加茂川、東京、札幌、武蔵野教会を牧会。
日本福音ルーテル教会総会議長、ルーテル学院大学教授を経て、キリスト教カウンセリングセンター相談所長。
著書
「新版・実用聖書名言録」、「新装・増補版クリスマスの風景」、「365日の聖書」、「キリスト教カウンセリングの本質とその役割」「聖書におけるスピリチュアリティー・スピリチュアルケア 」(以上キリスト新聞社)、「サンタクロースの謎」(講談社α―新書)、「気持ち整理&生き方発見―カウンセリング・ノートより」(AVACO出版)、日本の教会と「魂への配慮」(日本キリスト教団出版局)など多数。



ペンテコステに風をうけて


今年のペンテコステの礼拝では、出席者に赤いかざぐるまが手渡されました。

いつだって風が立つこと、
風を受けて、くるくると美しく回ることができること、
また、風がないように思えるとき、
向きを変えれば風を受けることができること、
私たち自身が吹き込まれた神の息を吐くことができること、
それができないほど弱っている人に、
隣の誰かが吹いて差し上げることができること、
あらゆる時に、あらゆる形で聖霊の風を味わうことができることを体験しました。
みんな、楽しい顔になりました。

神さまに感謝します。

2014年6月16日月曜日

Love by Word and Act (Matt 28:16-20)


Love by Word and Act (Matt 28:16-20)

1. Last week with a pinwheel in hand we celebrated Pentecost, when God sent the Holy Spirit to the disciples. And we are thankful that the Holy Spirit is also given to each of us, and it is working through us to help others. Needless to say, it is given to us not only at Pentecost but also anytime and anywhere, and it works through each of us to tell God’s words to others.

2. I am going to visit churches in Finland and Germany. In Finland, the Lutheran church is the state church. Several missionary associations belong to it. The Lutheran Evangelical Association of Finland (LEAF) has engaged in missionary work in Japan for more than one hundred years. It holds its general meeting at the end of every June. One of the aims of our visit is to participate in its meeting, and study how it is managed. The population of Finland numbers half a million, but the participants of the meeting numbers ten thousand. I received an e-mail from a Finnish church, which said, “Let's pray for blessings of God and the presence of Jesus Christ in the Holy Spirit during every moment of your visit and at the “Taikai” for all people.” The word “every moment of your visit” gives me the image of the Holy Spirit. God always supports us anytime and anywhere.

3. God gives us the Ten Commandments in Deuteronomy, in which God continues to say to us, “These commandments that I give you today are to be upon your hearts. Impress them on your children. Talk about them when you sit at home and when you walk along the road, when you lie down and when you get up.” (Deuteronomy 6:6-7) In addition, we adults must behave suitably for the commandments so that we may teach children anytime and anywhere. The Holy Spirit always gives us life in whatever situation we are put.

4. However, it is difficult for us to have a clear understanding of the Holy Spirit, which works anywhere and anytime. It is impossible for us to comprehend the width of God’s existence and work. It is very difficult for us to explain the Holy Spirit. So people are likely to think, “The Holy Spirit is hard to understand.”

5. In the class “Introduction to Christianity” held very Thursday evening, we use Mr. Toshiyuki Masujima’s book titled “Let Me Share the World of the Bible” (published by Kyobunkwan) as a text. In it there is an article called “What is ‘the Holy Spirit?’” Mr. Masujima refers to a theologian’s explanation; “The Holy Spirit is God at work. The most important fruit of that work is to remind us of God’s words.” Jesus says, “The Helper, the Holy Spirit, whom the Father will send in my name, will teach you everything and make you remember all that I have told you.” (John 14:26) Mr. Masujima says in the article, “When we look back on our lives, there may be many times that were tough or bitter. When pressed to our lowest point, we remember the words of God and a light is shone on the solution to our troubles. At this point, truly, God has sent us the Holy Spirit.”
The work of the Holy Spirit is really important.

6. In addition, I would like to focus on ten items concerning the work of the Holy Spirit. I think it may be permitted to mention them, though they might make it more difficult for you to understand the Holy Spirit.

(1) Give birth to life
“The Lord God formed the man from the dust of the ground and breathed into his nostrils the breath of life, and the man became a living being.” (Genesis 2:7) The breath is the Holy Spirit. By it we all became living beings, just like a new born baby who breathes air for the first time, and breathes out, screaming for the first time.

(2) Baptize
“As soon as Jesus was baptized, he went out of the water. At that moment heaven was opened, and he saw the Spirit of God descending like a dove and lighting on him. And a voice from heaven said, ‘this is my Son, whom I love; with him I am well pleased.’” (Matt 3:16) Jesus said to his disciples, “In a few days you will be baptized with the Holy Spirit.” (Acts 1:5) And Pentecost took place.

(3) Speak what should be spoken
Jesus tells in Mark chapter 13 that Christians are going to be persecuted. This description reflects the experience of Mark in his community. We should not be worried, when we are going to be judged in court. “Just say whatever is given you at the time, for it is not you speaking, but the Holy Spirit.” (Mark 13:11)

(4) Make us speak about the gospel
In Pentecost the Holy Spirit was shared among the disciples. In addition, they talked about the “the wonders of God,” and Peter said, “Therefore let all Israel be assured of this: God has made this Jesus, whom you crucified, both Lord and Christ.” (Acts 2:36) The disciples talked about good news. The good news is that Jesus is the Savior and forgiveness has been realized for all people, including each of you.

(5) Remind you of Jesus’ words
As Mr. Masujima says in his book, the Holy Spirit continues to remind us of Jesus’ words, even when Jesus is not here.

(6) Send us out Love by Word and Act (Matt 28:16-20)
Jesus spent forty days in the desert, being tempted by Satan. Jesus went there not by his will, but was sent there by the Holy Spirit. “At once the Spirit sent him out into the desert.”(Mark 1:12) The Holy Spirit sends us out into the unknown world and makes us tackle new challenges. Of course, you are not alone.

(7) Live in us
The Holy Spirit exists next to us, behind us, below us, above us and in front of us. Paul says, “Don’t you know that you yourselves are God’s temple and that God’s Spirit lives in you?” (1 Cor 3:16) Paul knew that human beings were very weak, based on his own experience, and he knew that the Corinthians in their churches were also weak like him. But he says, “You yourselves are God’s temple and that God’s Spirit lives in you.” The Holy Spirit needs a weak and fragile vessel like us, and he lives in us.

(8) Make us confess our faith
Paul says, “Therefore I tell you that no one who is speaking by the Spirit of God says, ‘Jesus be cursed,’ and no one can say, ‘Jesus is Lord,’ except by the Holy Spirit.” (1Co 12:3) It is by the work of the Holy Spirit beyond our will that we seek God and walk in faith. 172 people have been baptized since Hongo Church started in 1956. We have now people who were baptized at other churches, people who want to be baptized, and people who are interested in the worship or fellowship at Hongo. It is the work of the Holy Spirit that brings about trust in God in their hearts.

(9) Groan together
We sometimes experience extreme sufferings that we cannot express well. Even when we seek answers concerning them, we cannot get them. Sometimes we fall into crisis, and we are likely to forget our prayers, even though we are in faith. Paul must have experienced such a crisis. He says, “We do not know what we ought to pray, but the Spirit himself intercedes for us with groans that words cannot express.” We cannot do anything except groan, but the Holy Spirit groans together with us.

(10) 
We are now thinking about the sudden parting from a friend. Many people in Hongo church are now in sadness which we cannot express well. One of them has introduced a novel for us. It is written in English. In one scene in the novel, a father, who suffers from terminal cancer, is asked by his young daughter, “What is your favorite passage in the Bible?” He mentions “Galatians 5:22” with the Bible in hand, and explains its content. “The fruit of the Spirit is love, joy, peace, patience, kindness, goodness, faithfulness, gentleness and self-control.” A friend, who introduced the book to me, said that the message was very important for him too. When we think about the friend who was called to heaven, we cannot help thinking about the fruit of the Spirit. God’s spirit was breathed into her while she was alive. She was glad for it. Though we cannot see her again on earth, I always remember “The fruit of the Spirit is love, joy, peace, patience, kindness, goodness, faithfulness, gentleness and self-control” when I think about her.

7. Jesus said to his disciples, when he sent them out. “Therefore go and make disciples of all nations, baptizing them in the name of the Father and of the Son and of the Holy Spirit, and teaching them to obey everything I have commanded you. And surely I am with you always, to the very end of the age.” (Matt 28:19-20) God always is with us as the Holy Spirit.
I have already mentioned many works of the Holy Spirit. To make a long story short, God is always with us anytime and anywhere, and gives us his love through his words and acts. We, who receive the Holy Spirit, are led to know God’s love through our words and acts, and to get the fruit of the Spirit.

(Translated by Toshiyuki Masujima)

(This is the English translation of Rev Nobuo Yasui’s sermon which is to be preached at Hongo Church on June 15, 2014)

週報2014-6-15



2014-No.24 2014年6月15日
三位一体主日

【主日の祈り】
全能にして永遠の造り主なる神さま。
大いなるとこしえの三一に見るあなたの栄光と力をあがめ、ほめたたえます。
わたしたちがこの信仰に堅く立ち、あらゆる苦難から守られ、ついにはあなたのみ座に至り、限りなき喜びと愛のうちにともに憩わせてください。
今もそして永遠に、父と子と聖霊として唯一である神に祈ります。アーメン

【礼拝式】
司式説教 安井宣生
奏  楽 樺沢
聖書朗読 益田
 
前奏
始めの歌  105(こども)
み名による祝福/十戒 (式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/グロリア
主日の祈り
第1の日課 創世記   1: 1-2:4a(旧約p.1)
第2の日課 2コリント 13:11-13(新約p.341)
福音書   マタイ   28:16-20(新約p.60)
み言葉の歌 129(教会)
説教   「 言葉と振舞いで愛を 」
感謝の歌  133(教会)
信仰告白      (式文p.7)
奉献
教会の祈り
ヌンクディミティス  (式文p.9)
主の祈り    (式文p.10)
派遣の歌  131(教会)
祝福
後奏

【お知らせ】
■礼拝後にコーヒーの用意があります。寛ぎの時を。
■礼拝後に聖歌隊の練習が行われます。
■礼拝後に宣教60年記念誌委員会が行われます。
■本日15:00、ルーテル・医療と宗教の会主催の公開講演会が行なわれます。「がん研究から学んだこと~がんとの闘いから共生へ~」講師は谷口俊一郎さん(信州大学バイオメディカル研究所教授。松本教会員)。無料。市ヶ谷センターにて。
■17日(火)10:30祈祷会です。乞ご参加。
■先週はかざぐるまを手にペンテコステを共に祝い、石原さんの信仰の証しを聞きました。
■先週定例役員会が行われました。記録を配布しましたので、お読みください。
■先週、日本福音ルーテル教会常議員会が行われ、安井牧師は、広報室長に任命されました。その働きのため、お祈りください。
■渋谷での野宿者支援活動にご協力をお願いします。作業日7月1日(日)礼拝後。200食のごはんを当教会にて用意します。お米の支援も受け付けます。
■宣教フォーラムへ参加しましょう。7/5蒲田教会。
■今年も夏季特別献金をお願い致します。宣教活動のためよろしくお願いします。
□毎週金曜日に英語でキリスト教を学びませんか。
 18:15より、クリスチャニティトゥディ。
□29日(日)板橋教会の60年記念礼拝です。
□同じく29日にディアコニア講演会が行なわれます。憲法の学びです。詳細は案内チラシを。
□ルーテルこどもキャンプ(小学5-6年生対象)が、8/7-9に広島教会にて行われます。
□全国青年バイブルキャンプ7/12-13@神学校
□「おすそわけ作戦」詳細は掲示をご覧ください。
 野宿を余儀なくされている方や経済的なご苦労のある方々へ心を寄せていきましょう。

【来週の礼拝】 6月22日 聖霊降臨後第2主日
 聖 書 エレミヤ 20: 7-13(旧約p.1214)
     ローマ  6:1b-11(新約p.280)
     マタイ  10:24-39(新約p.18)
 讃美歌 (こ)16,(団)28,314,195,
 説 教  「 恐れず捨てさせよう 」
 司式説教 安井宣生  
 奏楽 樺沢

【今後の予定】
●主日礼拝 日曜10:30 
●バイブルクラス日曜 9:30
●聖書に聴く会木曜10:30 
●キリスト教入門木曜19:30
 本日 聖書の学び、聖歌隊練習、記念誌編集委員会、
    ルーテル・医療と宗教の会講演会15:00(市ヶ谷)
 17日(火) 祈祷会(変則)10:30
 19日(木) 読書会13:00
 22日(日) 聖歌隊練習、こむぎクラブ
 24日(火) お母さんと赤ちゃんオープンハウス
 29日(日) 賀来周一先生説教奉仕、板橋教会60年、ディアコニア講演会15:00(東京)
 7月5日(土)宣教フォーラム10:00(蒲田)
   6日(日) 召天者記念礼拝、支援給食活動

【先週の教会】
  8日(日) 主日礼拝 大人40 子4 計44名
  8日(日) バイブルクラス        4名
  8日(日) 定例役員会          9名
 12日(木) 聖書に聴く会         2名
 12日(木) キリスト教入門 おやすみ

【当番】
 本日
  聖書朗読  益田
  受付・祈祷 関本
  受付・点火 酒井
  生け花   錬石
  献 花   大江(父記念)

 次週(22日)
  聖書朗読  鴨下
  受付・祈祷 緒方
  受付・点火 水上
  生け花   田中
  献 花   フォ-サイス(誕生日)
  
【今週の聖書日課】 詩編8
 16日(月) マタイ9:14-17
 17日(火) マタイ9:18-26
 18日(水) マタイ9:27-31
 19日(木) マタイ9:32-38
 20日(金) マタイ11:1-19
 21日(土) マタイ11:20-24
 
【集会のご案内】
  主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
  (こどもから大人までどなたでもご遠慮なくご参加ください)
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回7/6)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回6/17)※変則
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より (次回7/20)
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回6/19)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回6/22)、こむぎクラブ(6/22)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時

※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。

【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日~金曜日。
 Christianity Today  毎週金曜日18時15分(無料)

 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分
 

2014年6月11日水曜日

聖歌隊讃美2014年 ペンテコステ(聖霊降臨祭)


聖霊降臨日(6月8日)に賛美された歌は
 曲目:「神は霊なれば」(W. Sterndale Benett、森田稔教訳詞)
 伴奏:大江

イエスさまが私達のために十字架に架けられ、復活され昇天されて、この世に生きる私達を護り、助け、導くためにくださった聖霊。

聖霊を心に礼拝するようにと歌いますが、日々の雑事に紛れて私達の中に確かに在る聖霊を感じなくなっている自分を省みる時となりました。

礼拝の中で神様に向かって歌う、良くできる時も、思うようにいかない時も全てが神様の御手の中での出来事です。ハレルヤ!!

週報2014-6-8



2014-No.23 2014年6月8日
聖霊降臨祭(ペンテコステ)

【主日の祈り】
神さま、この日あなたは聖霊を届けて、信じる者の心を開いてくださいました。どうか聖霊の光でわたしたちを導き、すべてにおいて正しい判断ができますように。
あなたの平安を得て、いつも喜びがあるよう助けてください。あなたと聖霊とともにただひとりの神であり、今もまた永遠に至るまで生きて治められる主イエス・キリストによって祈ります。アーメン。

【礼拝式】
司式説教 安井宣生
奏楽   大江
聖書朗読 松本

前奏
始めの歌 94(こども)
み名による祝福/十戒 (式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/グロリア
主日の祈り
第1の日課 使徒   2: 1-21(新約p.214)
福音書   ヨハネ 20:19-23 (新約p.210)
み言葉の歌 「神は霊なれば」 聖歌隊
説教    
「 風立ちぬ 」
感謝の歌  181(教団)
証言   
信仰告白      (式文p.7)
奉献
教会の祈り
聖餐の歌  95(こども)
聖餐式     (式文p.12)
ヌンクディミティス  (式文p.18)
派遣の歌  192(教団)
祝福
後奏

【お知らせ】
■ペンテコステおめでとうございます。聖霊という神さまご自身を受けとめ、それに支えられ、その喜びを告げる者として歩めますように。
□礼拝後にコーヒーの用意があります。寛ぎの時を。
■ペンテコステ礼拝での聖歌隊の奉仕に感謝します。
■教会員の石原さんが信仰の証しをしてくださいました。感謝します。
■本日13時より定例役員会が行われます。
■先週の礼拝において初陪餐が行われました。おめでとうございます。
■タイのビルマ難民、シリア難民のキャンプへの古着支援へのご協力をありがとうございました。先週、集約所へ届けました。箱詰め作業にも感謝。
■次週15日9:20より聖書の学びです。乞ご参加。
■15日15:00、ルーテル・医療と宗教の会主催の公開講演会が行なわれます。「がん研究から学んだこと~がんとの闘いから共生へ~」講師は谷口俊一郎さん(信州大学バイオメディカル研究所教授。松本教会員)。無料。市ヶ谷センターにて。
■29日(日)板橋教会の60年記念礼拝です。皆でお祝いに伺いましょう。宇野(久)さんへ連絡を。
□同じく29日にディアコニア講演会が行なわれます。詳細は案内チラシをご覧ください。
□ルーテルこどもキャンプ(小学5-6年生対象)が、8/7-9に広島教会にて行われます。
□全国青年バイブルキャンプ7/12-13@神学校
□「おすそわけ作戦」詳細は掲示をご覧ください。野宿を余儀なくされている方や経済的なご苦労のある方々へ心を寄せていきましょう。

【来週の礼拝】 6月15日 三位一体主日
 聖 書 創世記   1: 1-2:4a(旧約p.1)
     2コリント 13:11-13(新約p.341)
     マタイ   28:16-20(新約p.60)
 讃美歌 (こ)105,(会)129,133,131
 説 教  「 言葉と振舞いで愛を 」
 司式説教 安井宣生  
 奏楽 樺沢

【今後の予定】
●主日礼拝 日曜10:30 
●バイブルクラス日曜 9:30
●聖書に聴く会木曜10:30 
●キリスト教入門木曜19:30

 本日 定例役員会
 9~11日 全国常議員会(牧師)
 15日(日) 聖書の学び9:20、ルーテル・医療と宗教の会講演会15:00(市ヶ谷)
 17日(火) 祈祷会(変則)10:30
 19日(木) 読書会13:00
 29日(日) 賀来周一先生説教奉仕、板橋教会60年
      ディアコニア講演会15:00(東京)
 7月5日(土)宣教フォーラム10:00(蒲田)
   6日(日) 召天者記念礼拝、支援給食活動

【先週の教会】
 1日(日) 主日礼拝  大人54 子5 計61名
 1日(日) バイブルクラス         4名
 1日(日) 聖書通読会           3名
 1日(日) 英語読書会          12名
 5日(木) 聖書に聴く会          3名
 5日(木) キリスト教入門         7名

【当番】

本日
聖書朗読  松本
受付・祈祷 増島す
受付・点火 錬石
生け花   宇野く
献 花   井上ゆ(姪記念)

次週(15日)
聖書朗読  益田て
受付・祈祷 関本
受付・点火 山口
生け花   錬石
献 花   大江(父記念)
 
【今週の聖書日課】 詩編104:24-34,35b
 9日(月) マタイ8:5-13 
10日(火) マタイ8:14-17
11日(水) マタイ8:18-22
12日(木) マタイ8:23-27
13日(金) マタイ8:28-34
14日(土) マタイ9:1-8

【集会のご案内】
 主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
  (こどもから大人までどなたでもご遠慮なくご参加ください)
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回7/6)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回6/10)
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より (次回6/15)
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回6/19)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回6/22)、こむぎクラブ(6/22)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時
※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。

【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日~金曜日。
 Christianity Today  毎週金曜日18時15分(無料)

 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分

2014年6月2日月曜日

週報2014-6-1



2014-No.22 2014年6月1日
昇天主日

【主日の祈り】
全能の神様 天に戻ったあなたの御子は、みもとで私たちをとりなしてくださいます。
どうか 私たちを受け入れ、全世界の祈りを聞いてください。そしてやがてはすべてがあなたの栄光に包まれますように。あなたと聖霊とともにただひとりの神であり、今もまた永遠に至るまで生きて治められる主イエス・キリストによって祈ります。アーメン。

【礼拝式】
司式説教 安井宣生
奏  楽 大江
聖書朗読 久保
 
前奏
始めの歌  9(こども)
み名による祝福/十戒 (式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/グロリア
主日の祈り
第1の日課 使徒言行録 1: 1-11(新約p.213)
第2の日課 エフェソ  1:15-23(新約p.352)
福 音 書 ルカ    24:44-53 (新約p.161)
み言葉の歌   113(教会)
説教 「Communities of the Spirit.」エリック・ロス
感謝の歌  337(教会)
信仰告白      (式文p.7)
奉献
教会の祈り
聖餐の歌   250(教会)
聖餐式     (式文p.12)
ヌンクディミティス  (式文p.18)
派遣の歌    134(こども)
祝福
後奏

【お知らせ】
■ようこそ礼拝へ。礼拝後にコーヒーの用意があります、寛ぎの一時を。
■本日の礼拝はエリック・ロス牧師が説教を担当くださいました。感謝致します。エリック師は、東京教会におけるお働きに加え、学生センターでの火曜日夜と金曜日朝の英語クラスも担当してくださっています。
■先週、春の大掃除が行われ、美しく整えられました。ご奉仕に感謝します。
■礼拝後に聖書通読会を行います。小部屋にて。
■14時より英語読書会です。1階大集会室にて。
■タイのビルマ難民、シリア難民のキャンプへの古着支援を行っています。本日、運搬のための箱詰め作業を行います。
■次週8日はペンテコステ(聖霊降臨祭)です。聖霊により教会が誕生したことを祝う時です。
■「ルーテル学院一日体験」参加者募集中。6月26 日(木)11:00~15:30。学院の日常を体験します。
■6月29日(日)板橋教会の60年記念礼拝です。皆でお祝いに伺いましょう。宇野(久)さんへ連絡を。
■同じく6月29日にディアコニア講演会が行なわれます。詳細は案内チラシをご覧ください。
□ルーテルこどもキャンプ(小学5-6年生対象)が、8/7-9に広島教会にて行われます。
□全国青年バイブルキャンプ7/12-13@神学校
□「おすそわけ作戦」詳細は掲示をご覧ください。野宿を余儀なくされている方や経済的なご苦労のある方々へ心を寄せていきましょう。

【来週の礼拝】 6月8日 聖霊降臨祭
 聖 書 使徒   2: 1-21(新約p.214)
     ヨハネ 20:19-23 (新約p.210)
 讃美歌 (こ)94,(団)181,(こ)95,(団)192
 説 教  「 風立ちぬ 」
 司式説教 安井宣生
 奏 楽  大江

【今後の予定】
●主日礼拝 日曜10:30 ●バイブルクラス日曜 9:30
●聖書に聴く会木曜10:30 ●キリスト教入門木曜19:30

 本日 聖書通読会12:00、英語読書会14:00
   8日(日) ペンテコステ
 9~11日 全国常議員会(牧師)
  15日(日) 聖書の学び9:20
  17日(火) 祈祷会(変則)10:30
  19日(木) 読書会13:00
  29日(日) 賀来周一先生説教奉仕、板橋教会60年
       ディアコニア講演会
 7月6日(日) 召天者記念礼拝、支援給食活動
 
【先週の教会】
25日(日) 主日礼拝 大人39 子6 計45名
25日(日) バイブルクラス        4名
27日(火) お母さん赤ちゃんオープンハウス6組14名
29日(木) 聖書に聴く会         4名
29日(木) キリスト教入門        6名
31日(土) イエスの座布団プロジェクト  4名

【当番】
本日
 聖書朗読  久保
 受付・祈祷 高野
 受付・点火 宇野く
 生け花   村尾た
 献花    井上ひ(父記念)、益田か(誕生日)

次週(8日)
 聖書朗読  松本
 受付・祈祷 増島す
 受付・点火 錬石
 生け花   田中
 献 花   井上ゆ(姪記念)
 
【今週の聖書日課】 詩編47
 2日(月) マタイ6:7-15 
 3日(火) マタイ6:22-24
 4日(水) マタイ7:1-6
 5日(木) マタイ7:7-12
 6日(金) マタイ7:13-14
 7日(土) マタイ8:1-4
 
【集会のご案内】
  主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
  (こどもから大人までどなたでもご遠慮なくご参加ください)
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回7/6)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回6/10)
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より (次回6/15)
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回6/19)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回6/8)、こむぎクラブ(6/22)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時

※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。

【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日~金曜日。
 Christianity Today  毎週金曜日18時15分(無料)

 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分