2014年4月29日火曜日

週報2014-4-27



2014-No.17 2014年4月27日 
復活節第2主日

【主日の祈り】
全能にして永遠、信じる者の力、疑う者の希望なる神さま。
まだあなたにお目にかかっていないわたしたちが、あなたを信じる信仰を賜り、キリストの祝福をことごとくいただくことができますように。
あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン
【礼拝式】
司式説教 安井宣生
奏楽   大江
聖書朗読 村尾い

前奏
始めの歌  88(こども)
み名による祝福/十戒 (式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/グロリア
主日の祈り
第1の日課 使徒言行録2:14a,22-32(新約p.215)
第2の日課 ペトロ一 1: 3- 9   (新約p.428)
福音書   ヨハネ  20:19-31  (新約p.210)
み言葉の歌 147(教団)
説教   「 信じていのちを受ける 」
感謝の歌  151(教団)
信仰告白     (式文p.7)
奉献
教会の祈り
ヌンクディミティス (式文p.9)
主の祈り     (式文p.10)
派遣の歌  270(教団)
祝福
後奏

【お知らせ】
■「本郷フェスタ」を5月11日に開催します。コンサートや講演、ワークショップで楽しい交わりに地域の皆さんをお招きします。ご予定くださり、ご家族やご友人をお誘いください。
■フェスタの準備として、本日礼拝後に地域へのチラシ配付、次週4日にワークショップの一つ「しぼり染め」を皆さんでしてみましょう。作品は装飾に用います。チラシも沢山ありますので、活用ください。ご協力をお願いします。
■ルーテル学院オルガン設置チャリティコンサート
5月25日(日)15時。市ヶ谷センター。チケット(3,000円)取り扱い中。牧師まで
■28-29日全国教師会総会、29-1日全国教会総会が東京教会で開催されます。牧師・代議員が出席。
□聖書を共に聴く時にご参加ください。オススメ。
 ・日曜朝9:30  バイブルクラス
 ・金曜夕18:15 クリスチャニティトゥディ
 ・第2火曜10:30祈祷会(聖書の学びと祈り)
 ・第3日曜9:20 聖書の学び
 ・月1回土曜15:00イエスの座布団
□次回の読書会は5月15日(木)13:00「手紙、栞を添えて」(辻邦生)。
□次回のイエスの座布団プロジェクトは5月31日(土)15:00です。
□「おすそわけ作戦」詳細は掲示をご覧ください。野宿を余儀なくされている方や経済的なご苦労のある方々へ心を寄せていきましょう。タイのミャンマー難民、シリア難民のキャンプへの古着支援も募集します。

【来週の礼拝】 5月4日 復活節第3主日
 聖 書 使徒言行録2:14a,36-41(新約p.215-6)
     ペトロ一 1:17-23 (新約p.429)
     ルカ   24:13-35  (新約p.160)
 讃美歌 (こ)128,(会)242,105,262,308(3-5)
 説 教  「 一緒に食べる 」
 司式説教 安井宣生
 奏 楽  樺沢

【今後の予定】
●主日礼拝 日曜10:30
●バイブルクラス日曜 9:20
●聖書に聴く会木曜10:30
●キリスト教入門木曜19:30
 本日 聖書の学び9:20、聖歌隊、本郷フェスタチラシ配付、
    東教区墓前礼拝15:00(小平)、エキュメニカルユースピクニック15:00(茗荷谷)
 28〜29日 全国教師会総会(東京)
 29〜5月1日 全国教会総会(東京)
 5月4日(日) タイダイワークショップ、英語読書会14時
  11日(日) 本郷おいしいじかんフェスタ
  13日(火) 祈祷会(聖書の学びと祈り)10:30

【先週の教会】
 20日(日) 主日礼拝 大人63 子8 計71名
 20日(日) 本郷フェスタ実行委員会    6名
 22日(火) お母さん赤ちゃんオ-プンハウス10組22名
 24日(木) 聖書に聴く会         
 24日(木) キリスト教入門        5名

【当番】
 本日
  聖書朗読  村尾い
  受付・祈祷 長岡
  受付・点火 緒方
  生け花   宇野く
  献 花   髙野(受洗記念日)

 次週(4日)
  聖書朗読  フォ-サイスあ
  受付・祈祷 山極
  受付・点火 松本
  生け花   村尾た
  献 花   島田(世界の子どものために)、安井ゆ(誕生日)

【今週の聖書日課】 詩編16
28日(月) ヘブライ3:1-6
29日(火) ヘブライ3:7-19
30日(水) ヘブライ4:1-13
 1日(木) マラキ3:16-18 エフェソ2:19-22 ヨハネ14:1-14
      (使徒フィリポとヤコブの日)
 2日(金) ヘブライ4:14-5:10    
 3日(土) ヘブライ5:11−6:12

【集会のご案内】
 主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
 (こどもから大人までどなたでもご遠慮なくご参加ください)
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回5/4)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回5/13)
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より (次回5/18)
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回5/15)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回5/11)、こむぎクラブ(5/25)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時

※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。

【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日〜金曜日。
 Christianity Today  毎週金曜日18時15分(無料)
 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分
 

2014年4月24日木曜日

聖歌隊讃美2014年イースター



4月20日 イースターに賛美された曲は
「主をほめたたえよ!」
 編曲:N. Linsay Norden(ロシア礼拝式文の英語版より)
 作詞:Mikail M. Ivanof、森田稔教 訳詞

「Happy Easter!」と人々はイースターを喜び合います。
何故でしょう?
この曲はその理由を歌っています。
「主はなが罪を赦し、病をすべて癒し、墓から命を贖い、永久に怒りを抱かれな
い。」
私達の罪を赦すために、ご自分の独り子イエス様を十字架に贖いとして架けられた神
様は、そのイエス様を墓から甦らせ、イエス様を信じることにより、私達への神様の怒りを永遠になくしてくださったのです。

この曲は4声が美しいハーモニーを奏でる曲です。
しかし、短い曲の中にpppからffまで変化に富む、歌うに難しい曲でもあります。

祝会で歌われたのは
「ハレルヤ!」(イースター)ロシア民謡より
編曲:Livingston Gearhart
作詞:Anatol Liadoff, 森田稔教 訳詞

「甦られた主は我等の救い主で、世界を統べたもう。ハレルヤ!」と主を喜び賛美す
る歌です。

sakai

2014年4月19日土曜日

イエスの座布団プロジェクト、本日4/19(土)15時です



【イエスの座布団プロジェクト】

4月19日(土)15時〜@本郷教会

テーマ「たとえ話から愛について考える。」

ルカによる福音書『見失った羊のたとえ』を読み、意見を交わしながら愛について考えていこうと思います!

イエスの復活を待ちわびながら、学びの時を持ちたいと思います。是非ご参加ください!

2014年4月16日水曜日

Next To Despair (John 11:1-45)


Next To Despair

1. 
 Sergei Rachmaninoff, a Russian composer and pianist, was well-known as a pianist when he was young. He experienced many difficulties like his family’s ruin, the divorce of his parents, and his sister’s premature death. Tchaikovsky discovered his ability, and he was top of his graduating piano class at the Moscow Music Academy with his class mate, Aleksandr Scriabin. Next year he was also top of his graduating composition class at the Academy. Then he worked energetically as a pianist and composer. But when he was 24 year old, his “Symphony No. 1” debuted as a failure. Soon after the symphony was played, the hall became clamorous, and abusive opinions were voiced. Critics severely criticized his symphony. This incident affected him greatly. He stopped publishing sheet music, and his symphony was never played again. He was spiritually damaged, because he had poured much passion and effort on it. He lost confidence and became emotionally so exhausted that he was unable to compose music at all for a few years. Three years later he restored his passion for composing music with the help of people around him, and composed “Piano Concerto No. 2.” Then he acquired his reputation. This music was devoted to his psychiatrist who had supported him. He once despaired and then was restored. His effort for his restoration was not like breaking through the despair. The music gives us a kind of tension in which he faced his own weakness. And it makes us feel a kind of hope after facing our own weakness.

A painter read about Rachmaninoff’s music, and said, “This music is not a song of joy. It is not from despair to joy, but from despair to hope.” “Joy or delight” makes us feel like going far ahead, but “hope” makes us feel a kind of strength even though despair is near at hand.

2. 
 When we watched Mao Asada’s free program in the women’s figure skating at the Sochi Olympic Games, we listened to this music, and were amazed at experiencing hope from despair, weren’t you? When she failed in the short program the day before and was in 16th place, people in the world breathed deep sighs, and Asada herself commented, “I couldn’t see.” She has never experienced such a low position in her life. When she was twelve years old, she competed at the senior All Japan Championship, and she got 9th place (finally, 7th). This record was lowest in her life until that time. Since then she had always been expected to become top in her game. So all the people, including us, were discouraged at watching the result. But she succeeded in the highest performance the next day. Her performance moved the hearts of all the people in the world. She probably must have not lost the hope of “doing her best” in her despair. Mao Asada turned her face upward when she finished her routine. We watched a human being rising up from her suffering.

3. 
 Ezekiel, a Prophet, was taken away in the Babylonian captivity, and worked there. People, who were taken away as captivities, made many efforts to keep faith and rituals to keep their own identity. They understood their sufferings to be the result of their sins. Therefore they were earnestly faithful to God. And they were very careful of not being contaminated by foreign religions. They expected to restore their relationship with God. People who were taken away at the first captivity hoped that they would be freed in the near future. But their hope collapsed easily. Ten years after the first captivity, the temple in Jerusalem was destroyed, and the rest of the people were taken away. Their cry of suffering and despair was recorded in today’s text from Ezekiel. “Our bones are dried up and our hope is gone; we are cut off.”(37:11) The fact that their hope was not fulfilled brought about despair and destroyed their hope of life. Those people were depicted as numerous accumulated bones in the valley. There was no living, and there was the deepest despair that would get rid of any hope of life.

It reminds us of Rakhmaninov and Mao Asada’s defeat and despair, and also our fear and sufferings in life. People in the captivity felt that God would go away far from them.

4. 
 But God will never leave human beings hopeless. Rakhmaninov’s friends and his psychiatrist supported him. Mao Asada was supported by her fans, her colleagues and her support staff. Her memory of her mother must have supported her. They rose up from despair. Their own efforts and the people who encouraged them were important for their restoration.

People in the captivity were supported by Ezekiel, a Prophet. Through him God’s messages were told to them. Then God’s spirit came like wind. “Breath entered them; they came to life and stood up on their feet –a vast army.”(37:10) And God exerted his power to the graves that symbolized the world of death. “O my people I am going to open your graves and bring you up from them; I will bring you back to the land of Israel.” (37:12) God leads people to the world of eternal life that lies ahead of the world of death.

5.
 The words like “bring you up” or “bring you back” confirmed God’s promise of salvation for the Israelites. They reminded them of God’s salvation from slavery in Egypt. Further Jesus made clear that God’s salvation was revealed not only in the past. The incident was the resurrection of Lazarus. Jesus would never leave people who were in deep sorrow alone. According to John after today’s text, Jesus’ life would be threatened following the incident. But Jesus witnessed despair would not be left as it was.

6.
“I am the resurrection and the life. He who believes in me will live, even though he dies.”(John 11:25) He said this, not only referring to Lazarus, but also to himself. And his message was made for all the people who were sad and in despair. Jesus called in a loud voice, “Lazarus, come out!” And Lazarus came out and he rose up. Then Lazarus’ sisters and the people around him started to rise up from, as it were, dried bones. Jesus loved, and Jesus called. Then people rose from dried bones and started to live in a relationship with God. When we believe in it, we know that hope is next to despair. This hope is not a thing that is miraculously given. It is not given as the result of earnest pursuit and strong faith. This hope is next to despair. This hope is God.

I pray for Jennifer Roberts, who has started to work today, to have trust in this hope. And I also pray for each of you who have started a new life from this spring to trust in this hope.

7. 
 I, as a conclusion, would like to introduce a poem “Next to Despair” written by Takashi Yanase (from “Small Palm of Hand” by Takashi Yanase, published by FUTABA)

Next to Despair
Someone is quietly seated.
Despair asked, “Who are you?”
He smiled and said,
“My name is Hope.”

(This is the English translation of Rev Nobuo Yasui’s sermon which is to be preached at Hongo Church on April 6, 2014)
(Translated by Toshiyuki Masujima)

2014年4月15日火曜日

学生センター英語クラス空き状況(4月15日)



本郷学生センターより、英語クラスの空き状況をお知らせします。
2014年4月15日18時現在の情報です。

◆キッズ・エレメンタリークラス
火曜日
14:30~15:00 KIDS-3&4(年少&年中クラス)6
15:15~15:45 KIDS-4&5(年中&年長クラス)1
16:00~16:40 Elementary(小学校1-2年生クラス)0

金曜日
14:30~15:00 KIDS-3&4(年少&年中クラス)2
15:15~15:45 KIDS-4&5(年中&年長クラス)3
16:00~16:40 Elementary(小学校1-2年生クラス)4

◆一般クラス
火曜日18:00~19:30 Advanced(上級クラス) 0
火曜日19:45~21:15 Intermediate(中級クラス)6

水曜日10:00~11:30 Beginner ~ Pre-Intermediate(初級~中級前クラス)6
水曜日14:30~16:00 Beginner ~ Pre-Intermediate(初級~中級前クラス)7
水曜日18:00~19:30 Pre-Intermediate(中級前クラス)6
水曜日19:45~21:15 Beginner(初級クラス)6

木曜日10:00~11:30 Intermediate(中級クラス)6

金曜日10:00~11:30 Advanced(上級クラス)7
金曜日18:15~19:30 Christianity Today 何人でもOK
金曜日19:30~21:00 English Coffee Hour 何人でもOK
日曜 9:30~10:20 Bible Class 何人でもOK

今年度は、スタートが早めだったためか、全体的に空きがあります。
けれども、今週登録なさる方も多いと思いますので、ご希望の方は、お早めにおいでください。
お待ちしています。

本郷学生センター
 
 

2014年4月14日月曜日

週報2014-4-13



2014-No.15 2014年4月13日 受難主日

【主日の祈り】
とこしえの神様、あなたによって遣わされ人となられた主イエス・キリストは、十字架の上で苦しみながら死にました。私たちが主にならって御心に従い、復活の輝かしい勝利を得ることができるように、どうか私たちを憐れんでください。
あなたと聖霊とともに唯一の神であり、今もそして永遠に生きて治められるイエス・キリストによって祈ります。アーメン

【礼拝式】
司式説教 安井宣生
奏楽   大江
聖書朗読 関本

前奏
始めの歌 84(こども)
み名による祝福/十戒 (式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/(グロリア省略)
主日の祈り
こどもメッセージ
み言葉の歌 82(教団) 1-2節
福音書  マタイ  26:14-46 (新約p.52)
説教  「 神が助けるため 」
福音書  マタイ  26:47-27:14 (新約p.54)
説教  「 神が助けるため 」
福音書  マタイ  27:15-61 (新約p.56)
説教  「 神が助けるため 」
感謝の歌 82(教団) 3-5節
信仰告白     (式文p.7)
信徒宣教者派遣の祈り
奉献  
教会の祈り  
ヌンクディミティス (式文p.9)
主の祈り     (式文p.10)
派遣の歌 136(教団)
祝福
後奏

【お知らせ】ようこそ礼拝へ!
□今週は受難週。キリストがあなたの赦しため十字架へ歩まれたことを心に刻み、過ごしましょう。
■17日聖木曜日19時 過越しの食事礼拝
 18日聖金曜日15時 受苦日礼拝 
 ご参加ください。
■次週、イースターです。共に主の復活を感謝し、お祝いしましょう。特別な礼拝と祝会を行います
 音楽の献げもの(樺沢宏美さん、松葉真理子さん)
■イースターエッグの作成に協力くださる方は、エッグラップフィルムをお持ち帰りください。
■藤﨑喬史さんがブラジルへの宣教ボランティアとして一年間派遣されます。15日離日。主の守りを。
■本日礼拝後、宣教60年委員会、定例役員会が行われます。ご奉仕に感謝します。
■17日(木)13時より読書会「家族難民」(山田昌弘)。
■19日(土)15時よりイエスの座布団プロジェクトイエスの視座で聖書を味わいます。
■日曜朝9:30のバイブルクラスは20日より、始まります。ジェニファー師の担当。乞ご参加。
■「本郷フェスタ」を5月11日に開催します。コンサートや講演、ワークショップで楽しい交わりに、地域の皆さんをお招きします。ぜひご家族やご友人をお誘いください。準備として、27日に地域へのチラシ配付、5/4にしぼり染め体験(フォ-サイス夫妻担当)も行います。ご協力を。
■ルーテル学院オルガン設置チャリティコンサート
 5月25日(日)市ヶ谷センター。チケット取り扱い中。
□「おすそわけ作戦」詳細は掲示をご覧ください。
 野宿を余儀なくされている方や経済的なご苦労のある方々へ心を寄せていきましょう。
 難民キャンプへの古着支援も募集します。

【来週の礼拝】 4月20日 復活祭(イースター)
 聖 書 ヨハネ 20:1-18 (新約p.209)
 讃美歌 (こ)135,聖歌隊,(会)351,(こ)89,(会)95
 説 教  「 なぜ泣いているのか 」
 司式説教 安井宣生
 奏 楽  樺沢
 聖歌隊讃美、音楽の献げもの

【今後の予定】
●主日礼拝 日曜10:30 ●バイブルクラス 日曜9:30
●聖書に聴く会木曜10:30 ●キリスト教入門木曜19:30
 本日 60年委員会、定例役員会
 17日(木) 読書会13:00、聖木曜日礼拝19:00
 18日(金) 受苦日礼拝15:00
 19日(土) イエスの座布団プロジェクト15:00
 20日(日) イースター礼拝・祝会、フェスタ実行委員会、ルーサーリーグ(東京)17:00
 22日(火) お母さんと赤ちゃんオープンハウス10:30
 26日(土) ティーンズクラブ(東京)
 27日(日) 聖書の学び9:20(変則)、聖歌隊、フェスタチラシ配付、
      教区墓前礼拝、15:00、エキュメニカルユース15:00
 28〜29日 全国教師会総会(東京)
 29〜5月1日 全国教会総会(東京)
 5月11日(日) 本郷おいしいじかんフェスタ

【先週の教会】
  6日(日) 主日礼拝 大人51 子6 計57名
  6日(日) 英語読書会         12名
  8日(火) 祈祷会            7名
 10日(木) 聖書に聴く会         3名
 10日(木) キリスト教入門        2名

【当番】
本日
聖書朗読  関本
受付・祈祷 安井し
受付・点火 村尾い
生け花   田中
献 花   安井あ(誕生日)

次週(20日)
聖書朗読 吉見れい
受付・祈祷 髙野
受付・点火 内田
生け花   錬石
献 花   島田(夫受洗記念日)、益田(誕生日/復活祭)

【受難週の聖書日課】 詩編31:10-17   http://seishonikka.org/
14日(月) イザヤ48:6b-11 ヘブライ9:11-15 ヨハネ12:1-11
15日(火) イザヤ49:1-9 コリント一1:18-25 ヨハネ12:20-36a
16日(水) イザヤ62:10-63:6 ローマ5:6-11 マタイ26:14-25
17日(木) 出エジプト12:1-14 コリント一11:23-26 ヨハネ13:1-17
18日(金) イザヤ52:13-53:12 ヘブライ4:14-5:10 ヨハネ19:17-30
19日(土) ダニエル12:1-4 ペトロ一3:18-22 マタイ27:57-66

【集会のご案内】
 主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
  (こどもから大人までどなたでもご遠慮なくご参加ください)
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回5/4)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回5/13)
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より (次回4/27)※第4週
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回4/17)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回4/27)、こむぎクラブ(4/27)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時

※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。

【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日〜金曜日。
 Christianity Today  毎週金曜日18時15分(無料)
 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分
 

2014年4月8日火曜日

週報2014-4-6



2014-No.14 2014年4月6日
四旬節第5主日

【主日の祈り】
全能の神様、罪と死から私たちを救うため、み子はこの世に来てくださいました。
私たちがキリストの新しいいのちによみがえり、日々正しくあなたに仕えられるように、あなたの霊を私たちに吹きかけてください。
あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン


【礼拝式】
司式 安井宣生
奏楽 樺沢

前奏
始めの歌 84(こども)
み名による祝福/十戒 (式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/(グロリア省略)
主日の祈り
旧約聖書  エゼキエル37:1-14 (旧約p.1357)
福音書   ヨハネ  11:1-45 (新約p.188)
み言葉の歌 388(教会)  1-2節
説教   「 絶望のとなりに 」
感謝の歌  302(教会) 1-3節
信仰告白      (式文p.7)
信徒宣教師就任式
新卒入者祝福式
奉献
教会の祈り
聖餐の歌  302(教会) 4-5節
聖餐式     (式文p.12)
ヌンクディミティス  (式文p.18)
派遣の歌  388(教会) 3-5節
祝福
後奏

【お知らせ】ようこそ礼拝へ!
□四旬節、キリストが私達への赦しと愛のため十字架へ歩まれたことを心に刻みます。
■本日、ジェニファー・ロバーツ信徒宣教師の就任式が行われました。2年に渡る働きのため、お祈りください。礼拝後に歓迎会を行います。食卓を共にしましょう。
■今春、卒業・入学・就職をされる方々への祝福をお祈りします。希望を持って歩めますように。
■学生センターの新学期は4月8日から始まります。
■ブラジルへの宣教ボランティアとしてサンパウロへ赴く、藤崎さんの派遣式が4月11日(金)18:00より、日本福音ルーテル社団(恵比寿)にて行われます。また当教会では次週13日の主日礼拝の中で行います。
■次週は受難週です。4月13日 受難主日礼拝、17日(木)19時 過越しの食事礼拝、18日(金)15時 受苦日礼拝を通して、イースターに備えます。ご参加ください。17日については準備のため、牧師までお知らせください。
■主の復活を祝うイースターは4月20日(日)です。礼拝と祝会を行います。音楽の献げものも楽しみ。
■「本郷フェスタ」を5月11日に開催します。コンサートや講演、ワークショップで楽しい交わりに、地域の皆さんをお招きします。ぜひご家族やご友人をお誘いください。
■今春、神学校に4名が入学し、牧者として立つための訓練を始めます。多田さん、森田さん、東谷さん、野口さん。その学びの上に主の支えを祈りましょう。
□日曜朝のバイブルクラスは4月20日、木曜の聖書に聴く会とキリスト教入門は4月10日再開します。
□イースターに洗礼、堅信、転入などご希望の方は、牧師へお知らせください。
□「おすそわけ作戦」詳細は掲示をご覧ください。野宿を余儀なくされている方や経済的なご苦労のある方々へ心を寄せていきましょう。

【来週の礼拝】 4月13日 受難主日
 聖 書  マタイ 26:14-27:61 (新約p.59)
 讃美歌  (こ)84,(団),82(1-2),82(3-5),136
 説 教   「 神が助けるため 」
 司式説教 安井宣生
 奏 楽  大江
 
【今後の予定】
 ●主日礼拝 日曜10:30
 ●バイブルクラス 4/20より
 ●聖書に聴く会木曜10:30
 ●キリスト教入門木曜19:30
 
 本日 ジェニファー師歓迎会、英語読書会14:00
   8日(火) 祈祷会、学生センター春学期開始
  11日(金) 藤崎さんブラジル派遣式(JELA)
  13日(日) 受難主日礼拝
  17日(木) 読書会13:00、聖木曜日礼拝19:00
  18日(金) 受苦日礼拝15:00
  20日(日) イースター礼拝・祝会
  22日(火) お母さんと赤ちゃんオープンハウス
  26日(土) ティーンズクラブ
  27日(日) 聖書の学び9:20(変則)、教区墓前礼拝、エキュメニカルユース
 5月11日(日) 本郷おいしいじかんフェスタ

【先週の教会】
 30日(日) 主日礼拝  大人35 子2 計37名

【当番】
 本日
  聖書朗読  牧師
  受付・祈祷 水上
  受付・点火 島田
  生け花   村尾た
  献花    宇野く(受洗記念日)、フォ-サイスあ(結婚記念日)

 次週(13日)
  聖書朗読  関本
  受付・祈祷 安井し
  受付・点火 村尾い
  生け花   田中
  献花    安井あ(誕生日)

【今週の聖書日課】 詩編
   7日(月) マタイ27:1-10
   8日(火) マタイ27:11-14
   9日(水) マタイ27:15-26
  10日(木) マタイ27:27-31
  11日(金) マタイ27:32-44
  12日(土) マタイ27:45-56

【集会のご案内】
  主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
  (こどもから大人までどなたでもご遠慮なくご参加ください)
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回4/6)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回4/8)
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より (次回4/27)※第4週
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回4/17)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回4/13)、こむぎクラブ(4/27)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時

※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。

【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日~金曜日。4/8新学期スタート。
 Christianity Today  毎週金曜日18時15分(Free)
 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分

2014年4月4日金曜日

2014年3月の英語読書会



201432日の英語読書会は、MERE CHRISTIANITY
Book 35章「性道徳」(Sexual Morality)を勉強しました。

1.     貞潔(Chastity)の徳は不変であるが、礼儀作法(Propriety)のルールは変化する。ルイスは、例としてヴィクトリア王朝の淑女は、頭から足まで布で覆わなければならなかったが、太平洋の島の女性は身に何もまとわない。共にそれぞれの社会の基準ではともに適切なのである。共に有徳なのである。情欲を刺激するためにそれぞれの社会の礼儀作法を破ると、男も女も貞潔の徳を犯したことになるのである。
2.      貞潔は最も不評判のキリスト教の徳である。昔からのキリスト教のルールは、結婚における完全
な誠実さもしくは全くの禁欲である。しかしながら、我々の時代では、我々の本能に反しているようにも思われる。ルイスは、我々の性本能が歪んでしまったからであると言う。
3.     ルイスは、長々と性について論じたけれども、ルイスが言いたいのは、キリスト教道徳の中心は、これではないということである。性はキリスト教の至高の悪徳ではない。事実、ルイスは、肉の罪(the sins of flesh)は、すべての罪の中で最も小さいものであると述べている。最悪の快楽は純粋に精神的なものでる。人を誘惑すること、威張ること、恩着せ顔をすること、陰口をすること、権力、さらに憎悪である。悪魔的おのれ(Diabolical self)は、動物的おのれ(Animal self)よりさらに悪いのである。このことから、冷淡な、独善的な教会に通う気取り屋(prig)は、娼婦よりも地獄に近いかもしれないのである。しかし、どちらでもないのが当然よいのであるが。

話し合いでは、
    村上春樹の作品などを読むと、今日では、性の問題の取り上げ方は、ルイスの世界とは全く異なる。negativeに取り上げる考え方は全くないのに驚く
    NHKの番組のなかで、司会者が、若者がセックスするのが当然というような考え方で話をしていたのにびっくりしたことがある。
    性に関しては、こうしてはいけない、ああしてはいけない、と言うようなことが論じられるが、大切なことは、他者のためにこうすべき、ああすべきという積極的な考え方であろう。
などのコメントがあった。


次回の英語読書会は、201446日午後2―3時半です。
Book3 の第6章「キリスト教の結婚」(Christian Marriage)に入ります。英語が得意でなくてもどうぞご参加下さい。Mere Christianity の訳本を読んで参加する方々もいます。

2014年4月2日水曜日

学生センター2014春学期パンフレット


ジェニファー先生は、
道ゆく人に英語クラスへ来ていただきたいと、
初めての「HAND OUT」を行いました。
配ったのは、パンフレットです。

おつかれさま。




学生センター英会話クラス2014

となりの本郷7丁目、東大の桜も満開

本郷学生センターは、2014年度新学期の登録受付が始まりました。

新学期(春学期)は4月8日(火)より始まります。

ジェニファー先生も、正式に着任しました。

スケジュールや会費について、以下のリンクからご覧いただけます。

http://www.h7.dion.ne.jp/~hongo/center/programs.html

あなたのお越しをスタッフ一同、楽しみにお待ちしています。


週報2014-3-30



2014-No.13 2014年3月30日
四旬節第4主日

【主日の祈り】
主なるキリスト、私たちの祈りに耳を傾けてください。そして私たちのところへ来てください。
恵み深いあなたのいのちと死によって、私たちの心の闇に光を届け、あなたの霊で洗い清めてください。
父と聖霊とともにあなたは唯一の神であり、今もそして永遠に生きて治められるからです。
アーメン

【礼拝式】
司式 安井宣生
奏楽 大江、今岡
聖書朗読 錬石

前奏
始めの歌  85(こども) 1-3節
み名による祝福/十戒 (式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/(グロリア省略)
主日の祈り
第1の日課 サムエル上16:1-13 (旧約p.453)
第2の日課  エフェソ  5:8-14 (新約p.357)
福音書   ヨハネ   9:1-41 (新約p.184)
み言葉の歌 85(こども) 4-6節
説教    「神の眼差しを見る 」
感謝の歌   298(教会)
信仰告白      (式文p.7)
奉献  
教会の祈り  
ヌンクディミティス  (式文p.9)
主の祈り      (式文p.10)
派遣の歌    371(教会)
祝福
後奏


【お知らせ】
□四旬節、キリストが私達への赦しと愛のため十字架へ歩まれたことを心に刻みます。
■次週4月6日、ジェニファー師の就任式と歓迎会を行います。また今春、卒業・入学・就職をされる方々への祝福式を行います。該当者は牧師までお知らせください。
■学生センターの新学期は4月8日から始まります。新任のジェニファーさんのお働きのため、主の支えをお祈りください。
■ブラジルへの宣教ボランティアとしてサンパウロへ赴く、藤﨑さんの派遣式が4月11日(金)18:00より、日本福音ルーテル社団(恵比寿)にて行われます。また当教会では13日の主日礼拝の中で行います。
■4月13日 受難主日礼拝、17日(木)19時 過越しの食事礼拝、18日(金)15時 受苦日礼拝を通して、イースターに備えます。ご参加ください。17日については準備のため、牧師までお知らせください。
■主の復活を祝うイースターは4月20日(日)です。礼拝と祝会を行います。音楽の献げものも楽しみです。
□日曜朝のバイブルクラスは4月20日、木曜の聖書に聴く会とキリスト教入門は4月10日再開します。
□イースターに洗礼、堅信、転入などご希望の方は、牧師へお知らせください。
□「おすそわけ作戦」詳細は掲示をご覧ください。野宿を余儀なくされている方や経済的なご苦労のある方々へ心を寄せていきましょう。

【来週の礼拝】 4月6日 四旬節第5主日・聖餐式
 聖 書 エゼキエル37:1-14 (旧約p.1357)
     ローマ   8:6-11 (新約p.284)
     ヨハネ  11:1-45 (新約p.188)
 讃美歌 (こ)84,(会)388,302,302,388
 説 教   「 絶望のとなりに 」
 司式説教 安井宣生
 奏 楽  樺沢

【今後の予定】
●主日礼拝 日曜10:30
●バイブルクラス 4/20より
●聖書に聴く会 4/10より
●キリスト教入門 4/10より

 4月6日(日) ジェニファー師歓迎会、英語読書会
   8日(火) 祈祷会、学生センター春学期開始
  11日(金) 藤﨑さんブラジル派遣式(JELA)
  13日(日) 受難主日礼拝
  17日(木) 読書会13:00、聖木曜日礼拝19:00
  18日(金) 受苦日礼拝15:00
  20日(日) イースター礼拝・祝会
  22日(火) お母さんと赤ちゃんオープンハウス
  26日(土) ティーンズクラブ
  27日(日) 聖書の学び9:20(変則)、教区墓前礼拝、エキュメニカルユース
 5月11日(日) 本郷おいしいじかんフェスタ

【先週の教会】
 23日(日) 主日礼拝  大人51 子6 計57名
 23日(日) ルーカス師感謝会、藤﨑さん激励会
 26〜28日 春の全国ティーンズキャンプ(千葉)

【当番】
本日
 聖書朗読  錬石
 受付・祈祷 今岡
 受付・点火 村尾
 生け花   益田
 献花    緒方(受洗記念日)、長瀧(受洗記念日)、増島(誕生日/受洗日)

次週(6日)
 聖書朗読
 受付・祈祷 水上
 受付・点火 島田
 生け花   村尾た
 献 花   宇野く(受洗記念日)、フォ-サイスあ(結婚記念日)

【今週の聖書日課】 詩編23
 31日(月) マタイ26:17-25
  1日(火) マタイ26:26-30
  2日(水) マタイ26:31-35
  3日(木) マタイ26:36-46
  4日(金) マタイ26:47-56
  5日(土) マタイ26:69-75

【集会のご案内】
 主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
  (こどもから大人までどなたでもご遠慮なくご参加ください)
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回4/6)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回4/8)
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より (次回4/27)※第4週
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回4/17)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回4/13)、こむぎクラブ(4/27)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時

※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。

【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日〜金曜日。4/8新学期スタート。
 Christianity Today  毎週金曜日18時15分(Free)

 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分