2013年10月29日火曜日

週報2013-10-27


2013-No.43 2013年10月27日
宗教改革主日/こども祝福礼拝 

【主日の祈り】
わたしたちを正しく裁かれる聖なる神さま。
あなたの赦しの計り知れない大きさに、日々驚くわたしたちです。
わたしたちがあなたへの希望をさらに高めて、地上のすべての民があなたの栄光を見出すことができますように。
わたしたちの救い主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

【礼拝式】
司式説教 安井宣生
奏  楽 大江
聖書朗読 増島と

前奏
始めの歌 114(こども)
み名による祝福 (式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉
主日の祈り
旧約聖書 申命記 10:12-22(旧約p.297)
福音書  ルカ18: 9-14 (新約p.144)
こどもメッセージ 酒井
こども祝福式
み言葉の歌 416(教団)
説教   「 神なんていない 」
感謝の歌 聖歌隊讃美
信仰告白     (式文p.7)
奉献  
教会の祈り
聖餐の歌 296(教会)
聖餐式
ヌンクディミティス (式文p.18)
派遣の歌 267(教団)
祝福
後奏 

【お知らせ・報告】
■礼拝へようこそ。本日は宗教改革を記念すると共にこども祝福式の礼拝が行われました。子どもたちとその家庭に祝福が豊かにありますように。
■礼拝後に教会レストランがあります。1階にて。ご一緒に食卓を囲みましょう。
■聖歌隊、こむぎクラブはレストラン後に。
■18時より東京教会にてスウェーデンのソフィア聖歌隊によるコンサートがあります。入場無料。
■ターナ&エリック・ロス師夫妻に25日、Nozomiちゃんが誕生しました。母子共に健康。
■天草・水俣フィールドトリップが恵みのうちに行われました。水俣教会の皆からよろしくとのこと。
■31日(木)19時より、市ヶ谷教会にて東教区宗教改革記念日合同礼拝が行われます。説教者は北尾一郎牧師。「キリスト教入門」はこれに合流します。
■富士教会より60年記念誌をいただきました。
□11/9-10にバイブルキャンプが行われます。千葉県鋸南町で過ごします。教会のみなさんもぜひ。
□帯広教会より「十勝の豆」の案内が届いています。黒豆、大豆、小豆など。注文担当は島田さんです。
□来年度の教会手帳と聖書日課の申込を受付けています。用紙にご記入ください。
□フェアトレードのコーヒー/紅茶、販売しています。
□JELAカンボジアワークキャンプ。詳細は掲示を。
□「おすそわけ作戦」歯ブラシ、カミソリ、せっけんに加え、食糧のおすそわけであるフードドライブを始めます。詳細は掲示をご覧ください。
□会堂の耐震と改修工事のための献金にご協力を感謝いたします。随時受け付けています。
□東日本大震災被災者のとなりびととして歩めるよう祈りましょう。詳細は[ル-テルとなりびと]で検索。

【来週の礼拝】11月3日 聖霊降臨後第24主日
 聖  書 出エジプト  34:4-9(旧約p.151)
      2テサロニケ 1: 1-12 (新約p.380)
      ルカ     19: 1-10 (新約p.146)
 讃美歌 (こども)2,(教会)294,470,260,418
 説  教 「 救われるべき者 」
 司式説教 安井宣生  
 奏楽 大江

【今後の予定】
●主日礼拝 日曜10:30 
●バイブルクラス 日曜9:30
●聖書に聴く会 木曜10:30
●キリスト教入門 木曜19:30(今週は合同礼拝に合流)
●Christianity Today金曜18:30

 本日 昼食会、聖歌隊、こむぎクラブ
 29日(火) お母さんと赤ちゃんオープンハウス
 30日(水) 地区牧師会
 31日(木) 宗教改革記念日合同礼拝(市ヶ谷)19:00
  1日(金) ルーテル教会救援本部会議、センターハロウィンパーティー19:30
  3日(日) 定例役員会、英語読書会14:00
 9~10日 バイブルキャンプ(千葉鋸南町)
 10日(日) 説教者 増島さん
    「『小川修パウロ書簡講義録2ー神のまこと から人間のまことへー』に学ぶ」

【先週の教会】
 20日(日) 主日礼拝 大人32 子4 計36名
 20日(日) バイブルクラス
 24日(木) 聖書に聴く会         2名
 24日(木) キリスト教入門        4名

【当番】
本日
 聖書朗読  増島と
 受付・祈祷 増島と
 受付・点火 村尾た
 生け花   宇野く
 献 花   井上ゆ(兄記念)、大江(誕生日)、樺沢(息子誕生日)、安井の 

次週(3日)
 聖書朗読  河手
 受付・祈祷 益田て
 受付・点火 前田
 生け花   村尾た
 献 花   宇野夫妻(結婚記念日)

【今週の聖書日課】 詩編46:2-12
28日(月) エレミヤ26:1-16 1ペトロ1:3-9 ヨハネ14:21-27(使徒シモンとユダの日)
29日(火) レビ5:1-26            
30日(水) レビ6:1-23
31日(木) エレミヤ31:31-34 ロ―マ3:19-28 ヨハネ8:31-36(宗教改革記念日)
 1日(金) イザヤ26:1-13 黙21:22-27 マタイ5:1-12(全聖徒主日)
 2日(土) レビ7:1-38

【集会のご案内】
 主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
  (こどもから大人までどなたでもご遠慮なくご参加ください)
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回11/3)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回11/12)
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より(次回11/17)
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回10/17)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回11/24)、こむぎクラブ(11/24)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時

※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。

【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日~金曜日。
 Christianity Today  毎週金曜日18時15分(Free)
 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分
 

2013年10月25日金曜日

おすそわけ作戦B「FOOD DRIVE」



  お宅で眠っている食べ物をお持ちください。
  それで生きる人がいます。

  野宿を余儀なくされていたり、
  DVから逃れて生活していたりする方などへ、
  セカンドハーベストジャパンを通して届けます。
 
  ■必要とされている食材
   ・お米、パスタ
   ・フリーズドライ食品
   ・加工食品(缶詰、瓶詰等)
   ・インスタント食品、レトルト食品
   ・ギフトパック(お歳暮、お中元等、贈答品の余剰等)
   ・調味料各種
   ・飲料(ジュース、コーヒー、紅茶等)

  お持ちいただく場合、以下にご注意ください。
   ■賞味期限が明記されているか。
   ■賞味期限が1ヶ月以上残っているか。
   ■未開封であるか。
   ■袋や箱の破損は激しくないか。

  本郷教会・本郷学生センター
  hongo@@jelc.or.jp(送信時@をひとつに)

  セカンドハーベスト ジャパンについては コチラ → http://2hj.org/
  

2013年10月22日火曜日

週報2013-10-20


2013-No.42 2013年10月20日
聖霊降臨後第22主日礼拝

【主日の祈り】
いつもわたしたちの叫びを受けとめ、見守り続けてくださる主なる神さま。あなたのご用に昼も夜もお応えできるようにわたしたちを導いてください。そして苦しみ悩むこの世にあって、あなたの不滅の正義を追い求める心の強さをお与えください。
救い主、イエス・キリストによって祈ります。アーメン

【礼拝式】
司式 水上
奏楽 樺沢
聖書朗読 安井し

前奏
始めの歌 114(こども)
み名による祝福/十戒 (式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/グロリア
主日の祈り
第1の日課  創世記  32:23-31(旧約p.56)
第2の日課  2テモテ 3:14-4:5(新約p.394)
福 音 書  ルカ   18: 1-8 (新約p.143)
み言葉の歌  205(教会)
説教    「 勝利の冠を得るまで 」
        —やもめと裁判官のたとえー
               宇野正徳牧師
感謝の歌 346(教会)
信仰告白     (式文p.7)
奉献  
教会の祈り
ヌンクディミティス (式文p.9)
主の祈り     (式文p.10)
派遣の歌  403(教会)
祝福
後奏

【お知らせ・報告】
■本日の礼拝では、宇野正徳牧師(当教会在任1976-1990年)が説教の奉仕を担ってくださいました。先生のお働きに感謝いたします。
■礼拝後にコーヒーなどの用意があります。宇野先生を囲んで交わりの一時を過ごしましょう。
■本日15時、教区墓前礼拝が小平にて行われます。
■昨日より、天草・水俣フィールドトリップが行われており安井牧師を含む11名が参加しています。本日は水俣教会の礼拝に出席しています。
■次週は宗教改革主日と共にこども祝福式として礼拝に与ります。子どもたちを礼拝へ招きましょう。礼拝後に「教会レストラン」があります。
■31日(木)19時より、市ヶ谷教会にて東教区宗教改革記念日合同礼拝が行われます。乞ご参加。
■11/9-10にバイブルキャンプが行われます。千葉県鋸南町で過ごします。教会のみなさんもぜひご参加ください。わずかに空きがあります。
■帯広教会より「十勝の豆」の案内が届いています。注文担当は島田さんです。
□来年度の教会手帳と聖書日課の申込を受付けています。用紙にご記入ください。
□フェアトレードのコーヒー/紅茶、販売しています。
□JELAカンボジアワークキャンプ。詳細は掲示を。
□60周年についてのアイデア募集中です。
□「おすそわけ作戦」歯ブラシ、カミソリ、せっけんに加え、食糧を届けるフードドライブを始めます。詳細は掲示をご覧ください。
□会堂の耐震と改修工事のための献金にご協力を感謝いたします。随時受け付けています。
□東日本大震災被災者のとなりびととして歩めるよう祈りましょう。詳細は[ル-テルとなりびと]で検索。

【来週の礼拝】10月27日 宗教改革主日/こども祝福式
 聖  書 申命記  10:12-22(旧約p.297)
      2テモテ 4: 6-18 (新約p.394)
      ルカ   18: 9-14 (新約p.144)
 讃美歌 (こども)114,(団)461,(会)296,(団)267
 説  教 「 神なんていない 」
 司式説教 安井宣生  
 奏楽 大江

【今後の予定】
●主日礼拝 日曜10:30
●バイブルクラス 日曜9:30
●聖書に聴く会 木曜10:30
●キリスト教入門 木曜19:30
●Christianity Today金曜18:30

 本日 教区墓前礼拝(小平霊園)15時
 19−22日 天草・水俣フィールドトリップ
 27日(日) 宗教改革主日、こども祝福式、昼食会
 29日(火) お母さんと赤ちゃんオープンハウス
 31日(木) 宗教改革記念日合同礼拝(市ヶ谷)19:00
 11/1(金) センターハロウィンパーティー19:30
 11/9-10 バイブルキャンプ(千葉鋸南町)

【先週の献金】◆感謝してご報告します(敬称略)◆
[主日礼拝]34,630円
[維持献金]2件25,000円
[特別献金]益田哲夫・明・勝子(宗教改革)、高橋巨泰、山極百代(感謝)
[会堂献金]4件35,000円

【先週の教会】
 13日(日) 主日礼拝 大人38 子3 計41名
 13日(日) バイブルクラス        5名
 17日(木) 聖書に聴く会         2名
 17日(木) 読書会            6名
 17日(木) キリスト教入門        5名

【当番】

本日
聖書朗読  安井し
受付・祈祷 大手み
受付・点火 井上ひ
生け花   錬石
献 花   宇野ま(母召天記念日)

次週(27日)
聖書朗読  増島と
受付・祈祷 藤井
受付・点火 村尾た
生け花   宇野く
献 花   井上ゆ(兄記念)、大江(誕生日)、樺沢(息子誕生日)、安井(誕生日)

【今週の聖書日課】 詩編121:1-8
21日(月) ルカ20:41-44
22日(火) ルカ20:45-47
23日(水) レビ1:1-17
24日(木) レビ2:1-16
25日(金) レビ3:1-17
26日(土) レビ4:1-35

【集会のご案内】
 主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
  (こどもから大人までどなたでもご遠慮なくご参加ください)
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回11/3)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回11/12)
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より(次回11/17)
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回10/17)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回10/27)、こむぎクラブ(10/27)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時

※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。

【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日〜金曜日。
 Christianity Today  毎週金曜日18時15分(Free)
 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分
  

2013年10月19日土曜日

「おすそわけ作戦B」はじめます


おすそわけ作戦Bとして、
セカンドハーベストさんが取り組んでいる「フードドライブ」につながります。

お宅で使われない、けれどまだまだ賞味期限内である食糧をお寄せいただき、
それを、食糧が足りなくて困っている方々へ届けます。

詳細は改めてお知らせします。

本郷教会・学生センター

週報2013-10-13



2013-No.41 2013年10月13日
聖霊降臨後第21主日礼拝

【主日の祈り】
全能にして憐れみに富む神さま。
あなたは造られたすべてを惜しみなく良いもので満たしてくださいます。
あらゆる危害からわたしたちを守り、心も体も健やかに、あなたから託されたわざに感謝をもって励むことができるようにしてください。
救い主、イエス・キリストによって祈ります。アーメン

【礼拝式】
司式説教 安井宣生
奏  楽 樺沢
聖書朗読 松本

前奏
始めの歌 93(こども) 
み名による祝福/十戒 (式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/グロリア
主日の祈り
第1の日課  列王記下 5: 1-14(旧約p.583)
第2の日課  2テモテ 2: 8-13(新約p.392)
福 音 書  ルカ   17: 11-19(新約p.142)
み言葉の歌  115(こども)
説教 「 救いのはじまり」
感謝の歌 259(教団)
信仰告白     (式文p.7)
奉献  
教会の祈り
ヌンクディミティス
主の祈り
派遣の歌  282(別紙)
祝福
後奏

「お知らせ・報告】 
■礼拝後、聖歌隊の練習が行われます。
■17日(木)13時より読書会です。「西行花伝」を読 でいます。参加を歓迎します。
■次週20日の礼拝は宇野正徳牧師が説教をご担当くださいます。お楽しみに。
■定例役員会記録を配付しました。お読みください。
■19日より天草・水俣フィールドトリップです。
■昨日より全国青年修養会が東京教会にて行われています。久保さん、藤崎さんが参加しています。
■31日(木)19時より、市ヶ谷教会にて東教区宗教改革記念日合同礼拝が行われます。乞ご参加。
□来年度の教会手帳と聖書日課の申込を受付けています。用紙にご記入ください。
□本日14時より稔台教会60周年礼拝が行われます。
□20日(日)15時より、教区墓前礼拝が行われます。
■11/9-10にバイブルキャンプが行われます。千葉県鋸南町で過ごします。教会のみなさんもぜひご参加ください。申し込みは10/18まで。
■JELAカンボジアワークキャンプ。詳細は掲示を。
□60周年についてのアイデア募集中です。
□「おすそわけ作戦」実施中。お知り合いなどにも広げてください。歯ブラシ、カミソリ、せっけんを継続して集め、野宿者支援として届けます。
□会堂の耐震と改修工事のための献金にご協力を感謝いたします。随時受け付けています。
□東日本大震災被災者のとなりびととして歩めるよう祈りましょう。詳細は[ル-テルとなりびと]で検索。 

【来週の礼拝】10月20日 聖霊降臨後第22主日
 聖 書 創世記  32:23-31(旧約p.56)
     2テモテ 3:14-4:5(新約p.394)
     ルカ   18: 1-8 (新約p.143)
 讃美歌 (こども)114,(会)205,346,403
 説 教 「勝利の冠を得るまで」
       ―やもめと裁判官のたとえー
     宇野正徳牧師 
 司 式 水上
 奏 楽 樺沢

【今後の予定】
●主日礼拝 日曜10:30
●バイブルクラス 日曜9:30
●聖書に聴く会 木曜10:30
●キリスト教入門 木曜19:30
●Christianity Today金曜18:30

 本日 聖歌隊、池袋教会バザー、稔台教会60周年礼拝
 17日(木) 読書会13:00
19-22日 天草・水俣フィールドトリップ
 20日(日) 宇野正徳先生説教担当、墓前礼拝15時
 27日(日) 宗教改革主日、こども祝福式、聖歌隊練習
 29日(火) お母さんと赤ちゃんオープンハウス
 11/1(金) センターハロウィンパーティー19:30
 11/9-10 バイブルキャンプ(千葉鋸南町)

【先週の教会】
 6日(日) 主日礼拝  大人43 子1 計44名
 6日(日) バイブルクラス         5名
 6日(日) 聖書通読会           3名
 6日(日) 英語読書会          12名
 6日(日) 定例役員会           9名
 8日(火) 祈祷会             6名
10日(木) 聖書に聴く会         4名
10日(木) キリスト教入門        4名
12~14日 全国青年修養会(東京教会)

【当番】

本日
 聖書朗読  松本
 受付・祈祷 矢田
 受付・点火 ルーカス
 生け花   宇野
 献 花   辻谷(次女誕生日)

次週(20日)
 聖書朗読  安井
 受付・祈祷 大手
 受付・点火 井上
 生け花   錬石
 献 花   宇野(母召天記念日)

【今週の聖書日課】 詩編111:1-10
14日(月) ルカ17:20-37
15日(火) ルカ18:15-17
16日(水) ルカ18:18-30
17日(木) ルカ20:1-8
18日(金) イザヤ35:5-8 2テモテ4:5-11 ルカ10:1-20
19日(土) ルカ20:20-26         (福音書記者ルカの日)
【集会のご案内】
  主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
 (こどもから大人までどなたでもご遠慮なくご参加ください)
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回11/3)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回11/12)
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より(次回11/17)
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回10/17)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回10/13)、こむぎクラブ(10/27)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時

※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。

【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日~金曜日。
 Christianity Today  毎週金曜日18時15分(Free)
 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分
 

2013年10月11日金曜日

週報2013-10-6


2013-No.40 2013年10月6日
聖霊降臨後第20主日礼拝

【主日の祈り】
いつくしみと憐れみ豊かな神様。わたしたちが空っぽのとき、満たしてください。信仰が弱いとき、強くしてください。愛が冷めてしまうとき、温めてください。
わたしたちが心を込めて隣り人を愛し、御子にならって仕えていくことができますように。救い主、イエス・キリストによって祈ります。アーメン

【礼拝式】
司式説教 安井宣生
奏  楽 大江
聖書朗読 関本

前奏
始めの歌 120(こども)
み名による祝福/十戒 (式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/グロリア
主日の祈り
第1の日課  ハバクク 2: 1- 4(旧約p.1465)
第2の日課  2テモテ 1: 3-14(新約p.391)
福 音 書  ルカ   17: 1-10(新約p.142)
み言葉の歌  329(教会) 1-2節
説教 「 近道はないが 」
感謝の歌 403(教会)
信仰告白     (式文p.7)
奉献  
教会の祈り
聖餐の歌   256(教会)
聖餐式     (式文p.12)
ヌンクディミティス (式文p.18)
派遣の歌  329(教会) 3-4節
祝福
後奏

【お知らせ・報告】
■礼拝後、礼拝堂にて聖書通読会を行います。
■13時より定例役員会が行われます。
■本日14時より、英語読書会が行われます。1階。
■今週火曜日8日に祈祷会(聖書の学びと祈り)が行われます。共に聖書を開き祈る、豊かな時です。是非ご参加ください。10:30より。
■12-14日に全国青年修養会が東京教会を会場に行われます。当教会より3名が参加します。乞祈り。
■来年度の教会手帳と聖書日課の申込を開始します。
□13日(日)14時より稔台教会60周年礼拝が行われます。安井牧師が説教を担当。ご一緒しませんか。
□20日(日)15時より、教区墓前礼拝が行われます。
□29日(火)お母さんと赤ちゃんのためのオープンハウスは「わらべうたベビーマッサージ」です。
■11/9-10にバイブルキャンプが行われます。千葉県鋸南町で過ごします。申し込みは10/18まで。
□60周年についてのアイデア募集中です。
□「おすそわけ作戦」実施中。お知り合いなどにも広げてください。歯ブラシ、カミソリ、せっけんを継続して集め、野宿者支援として届けます。
□会堂の耐震と改修工事のための献金にご協力を感謝いたします。随時受け付けています。
□東日本大震災被災者のとなりびととして歩めるよう祈りましょう。詳細は[ル-テルとなりびと]で検索。

【来週の礼拝】10月13日 聖霊降臨後第21主日
 聖  書 列王記下 5: 1-14(旧約p.583)
      2テモテ 2: 8-13(新約p.392)
      ルカ   17: 11-19(新約p.142)
 讃美歌  (こども)93,115,(団)259,(聖)282
 説  教 「 救いのはじまり 」
 司式説教 安井宣生
 奏  楽 樺沢

【今後の予定】
●主日礼拝 日曜10:30
●バイブルクラス 日曜9:30
●聖書に聴く会 木曜10:30
●キリスト教入門 木曜19:30
●Christianity Today金曜18:30
本日 通読会、定例役員会、英語読書会14:00
8日(火) 祈祷会(聖書の学びと祈りと食卓)10:30
12−14日 全国青年修養会(東京)
13日(日) 池袋教会バザー、稔台教会60周年礼拝
17日(木) 読書会13:00
19−22日 天草・水俣フィールドトリップ
20日(日) 宇野正徳先生説教担当、聖歌隊練習、東教区墓前礼拝15時
27日(日) こども祝福式、聖歌隊練習
29日(火) お母さんと赤ちゃんオープンハウス
11/9-10 バイブルキャンプ(千葉鋸南町)
【先週の教会】
29日(日) 主日礼拝  大人31 子3 計34名
 3日(木) 聖書に聴く会          4名
 3日(木) キリスト教入門         5名
 4-5日  エキュメニカル・ユース

【当番】
本日
聖書朗読  関本
受付・祈祷 今岡
受付・点火 錬石
生け花   村尾
献花    辻谷(母記念)

次週(13日)
聖書朗読  田中
受付・祈祷 矢田
受付・点火 シャテレン
生け花   田中
献 花   辻谷(次女誕生日)

【今週の聖書日課】 詩編95:1-9
 7日(月) ルカ13:18-21
 8日(火) ルカ13:31-35
 9日(水) ルカ14:1-6
10日(木) ルカ14:15-24
11日(金) ルカ14:34-35
12日(土) ルカ16:14-18

【集会のご案内】
 主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
 (こどもから大人までどなたでもご遠慮なくご参加ください)
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回10/6)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回10/8)
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より(次回11/17)
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回10/17)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回10/13)、こむぎクラブ(10/27)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時

※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。

【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日〜金曜日。
 Christianity Today  毎週金曜日18時15分(Free)
 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分
 

読書会20130919「西行花伝」(1)


読書会   西行花伝(序の帖―五の帖)

花伝というのは世阿弥の書いた能の聖典といわれる「風姿花伝」を想起させます。
森羅万象を花と観る(詠む)西行の心を至芸の奥義と見て名付けたのでしょうか。

西行が生きた時代は「変転きわまりない狂乱の連続であった。」
冒頭、著者は藤原秋実にこう語らせております。

序の帖において具体的な事件を通して「変転きわまりない」時代の背景が語られます。
政治体制においては律令制度が荘園によって衰弱し保元平冶の乱により藤原氏による摂関政治から武士の台頭となり源平の戦いを経て鎌倉幕府に実権が移行する時代でした。
秋実が語る甲斐の国の騒乱や佐藤家の所領が徳大寺家に寄進された背景が語られています。

当時の状況を表した「二条河原の落書」には
「此頃都ニハヤル物、夜討 強盗 ニセ綸旨・・・本領ハナルル訴訟人、文書入リタル細葛」と土地にからむトラブルが多くあったことが伺えます。

朝廷は白河、鳥羽、後白河と三代に亘る院政が続き複雑な権力闘争の温床でした。
白河法皇は「朕の意のままにならぬものは加茂川の水、山法師、サイの目である。」とした権力者でその想い者である待賢門院たま子(女院)が大きな役割を果たしています。
西行がたま子との恋を詠んだ歌とされているもの。
「思いきや 富士の高嶺にひと夜ねて 雲の上なる月を見んとは」
「知らざりき 雲ゐのよそに見し月の かげを袂に宿すべしとは」

たま子はその後、鳥羽院の中宮になりますが白河の子、崇徳と鳥羽の子、後白河を生みます。 鳥羽は崇徳を「叔父子」(子であり、叔父である)と呼んでいたそうです。

鳥羽亡き後、崇徳と後白河が戦った保元の乱の芽は白河が植え付けたようです。

新進気鋭のエリート、院の北面の武士であった佐藤義清が平清盛と同じ職場にいたことは 出家をしても都近くに住んだ西行の情報源のひとつになっていたのかもしれません。

その清盛も祇園の女御を通して白河の影がちらつくのですが・・。
「世の中を 捨てて捨てえぬ心地して 都離れぬ我が身なりけり。」
「捨てたれど 隠れて住まぬ人になれば なお世にあるに似たるなりけり」

以下に本書に登場する人物と時代背景の参考に年表と保元の乱当事者たちと皇室の系譜をまとめてみました。

<年表>
1072 白河帝即位
1086 白河院政始まり
1118 西行誕生
1123 鳥羽帝、崇徳帝に譲位
1129 鳥羽院政始まり、白河法皇没
1137 西行北面武士として安楽寿院行幸に従う。
1140 西行出家
1142 待賢門院出家 頼長へ写経勧進
1145 待賢門院没
1156 後白河帝即位(鳥羽法皇没)保元の乱起こる
1158 後白河院政始まり
1159 平治の乱起こる
1164 崇徳院没
1180 頼朝挙兵
1185 平家滅亡 安徳帝没(後白河帝後、二条、六条、高倉、と続く)
1186 西行頼朝と会う
1189 平泉藤原氏滅亡
1190 西行没 
1192 後白河院没 頼朝征夷大将軍

(保元の乱 系譜)
 勝者  後白河  忠通  清盛  義朝

 敗者  崇徳   頼長  忠正  為義
    (流刑) (傷死)(死刑) (死刑)
                  為朝
                 (流刑)

2013年10月2日水曜日

2013年9月の英語読書会




1.      20139月の英語読書会では、Book2の最終章である第5章「実践的な結論」(The Practical Conclusion という箇所を学んだ。今回の担当者である大江さんが原文の段落ごとに、次のような要約をしてくださったので紹介します。

             クリスチャンはこう信じている。私たちがキリストのへりくだりと苦難にあずかることによりキリストに始まった新しい種類の生命が私たちの中にも注がれるのだと。

             それはどのようにして行われるのか。
このキリストにある新しい生命は私たちがこの世で生を受けたプロセスと同じく、神が私たちになんの相談もなしに発明されたプロセスによって与えられる。

③  キリストの生命を私たちに伝えてくれるものが三つある。洗礼と信仰、そして呼び方はいくつかあるが、聖餐式である。

             これらの三つがなぜ新しい生命を伝えてくれるのか、その理由は私(ルイス)にはわからないが、イエスが弟子たちにそのように教えられたという事実、つまり、イエスの権威(authority)によってそう信じるのである。

⑤  洗礼、信仰、聖餐式の三つが与えられていても、わたしたちが親から受け継いだ自然の命を維持する努力をしなければならないのと同じように、キリストの生命もそれを養い、保つ努力をしなければならない。生きている身体は傷つくことがあってもある程度はその傷をいやすことができる。それと同じようにクリスチャンは過ちを犯す存在ではあってもつまずくたびに悔い改めて再び歩き始めることができる。キリストの生命が内にあるからである。

⑥  このためクリスチャンは善であろうと努力しているほかの人びととは違う立場にいる。クリスチャンは自分が行っている善は自分の内にあるキリストの生命に発していると考える。 私たちが善を行うから神が私たちを愛してくださるのではなく、神が私たちを愛して私たちに善をなさしめているのだ。

⑦  クリスチャンが「我々はキリストにある」とか「キリストが我々のうちにある」というとき、それはどのような意味か。それはキリストが実際に彼らを通して働いているということであり、クリスチャンの群れはキリストが働く身体的な器官つまりキリストの指、筋肉、細胞なのだということである。このことはキリストの命は信仰といった純粋に精神的な行為によってだけではなく、洗礼や聖餐式のような身体的行為によって広がっていくということを説明している。神以上に霊的にはなれない私たちに神はパンやぶどう酒といった物質的なものを用いて私たちに新しい命を注ぎこまれる。

⑧  この新しい生命がクリスチャンだけに限られているのは不公平ではないかという疑問があるが、この点について神は私たちに示されてこなかったというだけである。外にいる人びとを助けることができるのはキリストのみである。クリスチャンはキリストの体であり、その体を通してキリストが働かれるのであるから、私たちが外にいる人びとを助けたいと願うのであれば、私たち自身が私たちの小さな細胞をキリストの体につけ加えなければならない。

⑨  もう一つの反論はキリストはなぜ悪魔に占領されたこの世界に姿を変えて上陸し、ひそかに悪魔をやっつけるために秘密結社のようなものを作られたのか、というものである。クリスチャンたちはその時はわからないが、神は必ず強力な力をもって上陸してこられると考えている。神がその時を遅らせているのは、私たちが自由な意思で神の側に参加する機会を与えるため、そして神の勝利が決定する前に神の側に立とうと決心する時間を与えようとされているからである。戦いが終わってからどちらにつくか選ぶのでは遅いし意味がない。神は待っておられる。今こそ正しい側につくことを決心するときである。

2.      話し合いでは次のようなことが意見交換された。
    キリストの生命を私たちに伝えてくれるものが、洗礼、信仰および聖餐式とあるが、ルイスは、信仰は、精神的な(mental)もの、洗礼と聖餐式は、物質的(material)なものと言っている。信仰は目に見えないもの、後者の二つは、目に見えるものという説明もある。

    日本では、無教会内村鑑三、矢内原忠雄などは、儀式的なものを認めていない。ルイスの説明でも、メソジスト(Methodist)はそのようなとらえ方をしていない、という。自分は教会員であるが、聖餐式を聖書に書いてあること以上に、ものものしくとらえることに違和感がある。日本では、大切なことを「血肉にする」という言葉があるが、イエスが言われたこともまさにそういうことなのではないか。イエスが日本に生まれたとしたら、パンと葡萄酒の代わりに、ご飯とみそ汁にしたのではないか、とさえ思う。司祭が葡萄酒を誤ってこぼして失せ果てるほど顔色を失ったということを聞いたことがあるが、自分にはやや滑稽にも思える。

    一方、聖餐式につていて、キリスト教国のヨーロッパ人のとらえ方を考えさせられたことがある。サマセット・モームの小説に「Of Human Bondage」という傑作があるが、その中で、主人公の叔父さんにあたる牧師が出てくる。金銭にも細かい人で、主人公はあまり好きではない。その叔父さんが重篤になり、最後に、聖餐式を受けるところが描かれる。そのあと、叔父さんの様子が克明に描かれるが、叔父は心の底から安堵し、安らかに最後を迎える。モームはその描写を通して、聖餐式がその叔父にとってどのような意味を持つものかを語る。モームはキリスト教を信じていなかったということも言われるが、大変興味深いところである。そのような観点から考えると、ルイスの指摘は、意味があるのかなとも思う。

    信じていれば洗礼はいらない、という考え方があるが、自分の経験では、洗礼は力強さがある。迷っている人がいれば、参考にしてほしい。

    本郷教会の会員であった自分の友人が語ってくれたことであるが、「人間は弱いのでやはり人々の前で、『信じます』ということは、大切なことである」というのである。自分も同感である。

    ルイスがニューヨークに行ったことがないというのは驚きですね。

    私たちが、あることを真実と認めるのは、自分たちが信頼できると思う人が語ってくれたからである。これが権威によって(on authority)信じることの意味であると、ルイスは説明している。確かに科学者が語ることを受け入れるのは、科学者は信頼できると思うからである。ルイスのこれまでの説明の中で出てきたことであるが、青い服を着た人が袋の中からものを取り出して配っているのを見て、何を配っているのかを判断するときに、「それは手紙だ」という。何故そういうのか。それは自分に配られたものが手紙だったからである。この場合、自分自身は信頼できる(trustworthy)と考えるからである。でも、自分には手紙だったけれども、他の人には金塊であったかもしれないのである。しかし、そうは考えずに、手紙だと信じる。これは、信仰のプロセスの核心を語っているところでもある。

    クリスチャンの群れはキリストが働く身体的な器官つまりキリストの指、筋肉、細胞なのだということである、という説明は、大変学ぶところである。

    コリントの信徒への第一の手紙12章の中に、信徒の群れはキリストの体であり、それぞれの信者は手であり、足であり、目であるという説明がある。

    クリスチャンになるかならないかは、自分が決めることではなくて、神がお決めになるということかな、という感じがした。

    しかし、受洗には、受洗者の意見が矢張りあるのではないか。100%の中の1%かもしれないが。

    本章では、ルイスは急速度にキリスト教の中に入り込んできた印象がある。
などの意見があった。

3.   次回の英語読書会は、2013106日午後2―3時半です。
  Book 3に入ります。英語が得意でなくてもどうぞご参加下さい。
  Mere Christianity の訳本を読んで参加する方々もいます。