2013年4月26日金曜日

英語読書会20130407「Mere Christianity」Book2-1



2013年4月の英語読書会

1.      2013年4月の英語読書会では、Book2の第1章「対立する神についての考え方」(The Rival Concepts of God)という箇所を学びました。Book2は、いよいよキリスト教徒は何を信じているかということを取りあげます。

2.      まず人間には、何らかの神を信じている人とそれを信じない人とがいます。前者は多数で後者は少数です。クリスチャンは前者です。無神論者は後者です。

3.      神を信じる人については、さらにどのような神を信じているかに関しての二つの区分があります。一つは、神は善悪を超えているというものです。この人はあることを善と呼び、あることを悪と呼ぶが、これは見方の相違である、という考え方です。もう一つは、神は良い、あるいは正しいとするものです。神は私たちに一定の振る舞いを当然求めます。

4.      前者は、汎神論(Pantheism)です。プロシアの偉大な思想家Hegelはこれに属し、ヒンズー教も私の理解では、この分類になります。後者は、ユダヤ教、イスラム教、キリスト教がこれに属します。

5.      汎神論とキリスト教の神観念との違いは、前述の大きな違いのほかにもう一つあります。汎神論者は、神は私たちが自分の体に生気(animate)を与えるように、宇宙に生気を与えるというものです。宇宙は神そのものであり、宇宙が存在しなければ、神は存在しないし、宇宙に存在するものはすべて神の一部であると考えます。ところが、キリスト教では、神が宇宙を創造したと考えます。人が絵を描いたり作曲したりするように。善悪を深刻に考えない場合には、この世界に存在するものは神の一部であるということは簡単ですが、深刻にあることを善と考え、あることを悪と考える場合には神は世界とは別のものであり、その世界にあるものの一部は神の意志に反しているということになるのです。癌や貧民街をとらえて、汎神論者は、これも見方を変えれば神であると認識するというが、クリスチャンは、とんでもない、と言うのです。キリスト教は戦う宗教です。神はこの世界―空間、時間、温暖、色彩、味覚、動物、野菜などは神の頭の中から作り出したものです。人が物語を作るように。しかし、キリスト教では、神が作り出した世界が悪くなってしまったと考え、神は私たちを正すことを声高に主張していると考えるのです。

6.      もちろん問題も提起されるのです。善なる神が世界を作ったならば、それがどうして悪くなってしまったのかということです。私(ルイス)が無神論者の時には、この問題に関するクリスチャンの弁明は聞こうとしませんでした。どんな議論をしようとも、所詮は、この世界は分別ある力(an intelligent power)によって作られなかったということだと考えていたからです。

7.      私が神を否定する論拠は、宇宙は残酷であり、不正であるからです。しかし、私は一体「正しい」(just)とか「不正」(unjust)とかの考えをどうして知ったのだろうか。人は、まっすぐな線という観念がなければ、曲がった(crooked)と言わない。この宇宙を不正であると呼ぶときに、私は何と比較しているのだろうか。もちろん私の公正の考え方(idea of justice)は私自身の個人的な考え方に過ぎないということも可能です。しかし、その考えをとれば、神を否定する論拠も崩壊してしまうのです。何故ならば、その議論は単に私の考えをたまたま満足させるものでなかったということでなくて、世界は実際に不正であるということが基礎になっているからです。こうして、神は存在しない―言い換えれば、実在するものは無意味であるーということを証明する行為そのものの中に、私は実在の一部―すなわち私の公正の観念―は意味を持っているということを見出したのです。したがって無神論はあまりにも単純すぎるということが分かったのです。全宇宙が無意味であるならば、私たちは宇宙が無意味であるということを決して知りえなかったことでしょう。もしも宇宙に光がなく、それゆえ目のある動物がいなければ、私たちは宇宙が暗い(dark)ということを決して知りえないでしょう。そのときには「暗い」という言葉は無意味だからです。

8.   話し合いでは次のようなことが意見交換された。

①    善なる神がこの世界を作ったとすれば、その世界がどうして悪くなったのか、という問いが出てくるが、ルイスが無神論者であるときに、その答えをクリスチャンから聞きたくなかったと言っている。所詮、そのような神は、分別ある存在とは思えないから、と述べているのは面白い。かつて新井白石が切支丹屋敷でシドチからキリスト教の説明を受けた時に、白石は同じ問題提起を西洋紀聞に記している。

②    ルイスは喩をしばしば使用するが、それがどのような意味で使われているかよく理解できないことがある。

③    この世の中に存在していることで神の存在、不存在を論じていることは誤りであるということを言っている。悪いものがあっても神の存在を否定することにはならない。

④    「正しい」という観念がなければ、「正しくない」という判断は生まれてこない。その場合、「正しい」という観念はどうして生まれてきたのだろうか。その観念を与えているのは、神ということになるのであろうか。

今回の議論では、本文の内容の理解を巡ってかなり激しい議論があった。書物を読むときに、その内容を理解することがやはり議論の出発点であるということは、参加者にはいつも銘記することが大切である。しかし、それに苦労する。それも読書会で互いに話しあう意味の一つである。

9.   次回の英語読書会は、2013年5月5日午後2時―3時半です。英語が得意でなくてもどうぞご参加下さい。Mere Christianity の訳本を読んで参加する方々もいます。

by masujima

2013年4月23日火曜日

週報2013-4-21


2013-No.16 2013年4月21日
復活後第3主日

【主日の祈り】
平和の神様、あなたは羊の大牧者、主イエス・キリストを死から再び呼び戻されました。私たちがみ旨を果たし、御目にかなう働きができるように、あなたの永遠の契約の血によって、私たちを良きわざを為す全き者としてください。あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。
アーメン
【礼拝式】
 司式説教 安井宣生
 奏  楽 樺沢
 聖書朗読 増島

 前奏
 始めの歌  248(教会)
 み名による祝福/十戒 (式文p.1)
 罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/グロリア
 主日の祈り
 第1の朗読 使徒言行録  13:26-39(新約p.239)
 第2の朗読 ヨハネ黙示録  7: 9-17 (新約p.460)
 福音書   ヨハネ福音書 10:22-30(新約p.187)
 み言葉の歌  479(教会)
 説教    「 神の手にある人 」
 感謝の歌  410(教会)
 信仰告白     (式文p.7)
 奉献
 教会の祈り
 ヌンクディミティス (式文p.9)
 主の祈り    (式文p.10)
 派遣の歌  437(教会)
 祝福
 後奏
 
【お知らせ・報告】
 □復活の主の恵みに支えられますように。
 ■礼拝後に聖歌隊の練習が行われます。
 ■本日15時より教区青年会ルーサーリーグのイベントがあります。インドワ-クキャンプの報告などがあります。東京教会にて。青年の皆さん行きましょう。
 ■4月28日(日)大森教会の新会堂献堂式が行われます。
 ■同日、エキュメニカルユースピクニックが予定されています。茗荷谷の教育の森公園へ。教派を越えた若者の集い。詳細は牧師へ。
 ■5月4日(土)に日本福音ルーテル教会東教区の50年記念大会が、三鷹の神学校とICU教会を会場に開催されます。楽しい集まりです。皆さんで参加しましょう。受付の参加申し込み用紙にお書きください。
 ■タイのビルマ難民の方々への衣類支援を行います。ご協力をよろしくお願いします。1階の箱へ。
 □先週、ターナ&エリック・ロス宣教師夫妻の歓迎会が行われました。当番のご奉仕に感謝します。
 □会堂の耐震と改修工事のための献金にご協力を感謝いたします。随時受け付けています。
 □東日本大震災被災者のとなりびととして歩めるように祈りましょう。詳細は[ル-テルとなりびと]で検索。

【来週の礼拝】4月28日 復活後第4主日
 聖  書 使徒言行録  13:44-52(新約p.240)
      ヨハネ黙示録 21: 1- 5 (新約p.477)
      ヨハネ福音書 13:31-35(新約p.195) 
 讃美歌  (こども)89,(教団)151,391,463
 説  教 「 愛である 」
 司式説教 安井宣生  
 奏  楽 久保
 
【今後の予定】
 ●主日礼拝 日曜10:30  ●バイブルクラス 日曜9:30
 ●聖書に聴く会 木曜10:30 ●キリスト教入門 木曜19:30
 ●Christianity Today金曜18:15

 本日   聖書の学び、聖歌隊練習、ルーサーリーグ15:00(東京)
 23日(日) お母さんと赤ちゃんオープンハウス10:30
 25日(水) ルーテル教会救援本部会議(牧師)
 28日(日) 聖歌隊練習、こむぎクラブ13:30、大森教会献堂式14:00、
      エキュメニカルユースピクニック15:00
 5月4日(土) 教区50年記念大会(三鷹)
  5日(日) 英語読書会14:00
 12日(日) 洗礼式、聖歌隊練習

【先週の教会】
 14日(日) 主日礼拝  大人43 子7 計50名
 14日(日) バイブルクラス
 14日(日) ロス宣教師夫妻歓迎会
 14日(日) 定例役員会           8名
 18日(木) 聖書に聴く会          3名
 18日(木) 読書会             8名
 18日(木) キリスト教入門         5名

【当番】
 本日
  聖書朗読  増島す
  受付・祈祷 長岡
  受付・点火 吉見れい
  生け花   錬石
  献 花   島田(夫受洗記念日)、水上(感謝)、横道(誕生日)

 次週(28日)
  聖書朗読  関本
  受付・祈祷 辻谷
  受付・点火 鴨下
  生け花   村尾た
  献 花   前田(父召天記念日)、安井ゆ (誕生日)
 
【今週の聖書日課】 主日の詩編23:1-6
 22日(月) 列王記下14:23-15:16
 23日(火) 列王記下15:17-38
 24日(水) 列王記下16:1-20   
 25日(木) イザヤ52:7-10 2テモテ4:6-18 マルコ1:1-15(福音書記者マルコの日)
 26日(金) 列王記下17:1-23
 27日(土) 列王記下17:24-41

【集会のご案内】
 主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
 (こどもから大人までどなたでもご遠慮なくご参加ください)
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回5/5)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回5/14)
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より(次回5/19)
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回5/16)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回4/28)、こむぎクラブ(4/28)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時

※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。

【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日~金曜日。
 Christianity Today  毎週金曜日18時15分(Free)  
 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分
 

2013年4月20日土曜日

Welcome! Tauna & Erik!


4月より、ターナ・ロス宣教師が正式に着任しました。
 ご夫妻を歓迎してのランチ会は特製ドライカレー。

ターナさん、どうぞよろしくお願いします。
のびのびと神の愛を告げてください。
いっしょに歩みましょう。


2013年4月15日月曜日

週報2013-4-14


2013-No.15 2013年4月14日
復活後第2主日
 
【主日の祈り】
み子の従順によって、この世界を死の絶望から救われた神さま。
あなたに忠実な民に、絶えることのない喜びを与えてください。
あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

【礼拝式】
司式説教 中村圭祐牧師
奏  楽 樺沢
聖書朗読 伊藤み、藤崎
 
前奏
始めの歌 95(教会)
み名による祝福/十戒 (式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/グロリア
主日の祈り
第1の朗読 使徒言行録  9: 1-20(新約p.229)
第2の朗読 ヨハネ黙示録 5:11-14(新約p.458)
福音書   ルカ     24:36-43(新約p.161)
み言葉の歌  103(教会)
説教 「 復活者の体として 」
感謝の歌 341(教会)
信仰告白     (式文p.7)
奉献
教会の祈り
ヌンクディミティス (式文p.9)
主の祈り    (式文p.10)
派遣の歌  501(教会)
祝福
後奏
※本日、こどもメッセージはお休みです。

【お知らせ・報告】
□復活の主の恵みに支えられますように。
■本日の礼拝を中村圭助牧師が担当くださいました。感謝いたします。中村先生は浜松教会での一年の牧会委嘱を終え、すぐに当教会での礼拝をご担当くださいました。また今後は横浜教会と横須賀教会にて月に一度ずつ礼拝を担当なさるそうです。そのお働きに主のお支えをお祈りいたします。
■安井牧師は教区常議員として宮本新牧師の就任式、ならびに田園調布教会の礼拝説教を担当しています
■礼拝後に、今春着任したターナ&エリック・ロス宣教師夫妻の歓迎会を行います。1階にて。どうぞご参加ください。センターの方もお招きしています。
■歓迎会後、定例役員会。役員の奉仕に感謝します。
■4月18日は当教会の創立記念日。57年の恵みに感謝。
■4月21日(日)15時より教区青年会ルーサーリーグのイベントがあります。インドワ-クキャンプの報告などがあります。東京教会にて。青年の皆さん行きましょう。
■4月28日(日)大森教会の新会堂献堂式が行われます。
■同日、エキュメニカルユースピクニックが予定されています。教派を越えた若者の集い。詳細は牧師へ。
■5月4日(土)に日本福音ルーテル教会東教区の50年記念大会が、三鷹の神学校とICU教会を会場に開催されます。楽しい集まりです。皆さんで参加しましょう。受付の参加申し込み用紙にお書きください。
■先週、元J3のパメラさんが愛息(生後2ヶ月)と共に福島より来訪してくださいました。
■タイのビルマ難民の方々への衣類支援を始めます。ご協力をよろしくお願いします。1階の箱へ。
□会堂の耐震と改修工事のための献金にご協力を感謝いたします。随時受け付けています。
□東日本大震災被災者のとなりびととして歩めるように祈りましょう。詳細は[ル-テルとなりびと]で検索。
 
【来週の礼拝】4月21日 復活後第3主日
 聖  書 使徒言行録  13:26-39(新約p.239)
      ヨハネ黙示録  7: 9-17 (新約p.460)
      ヨハネ福音書 10:22-30(新約p.187)
 讃美歌  (教会)248,479,410,437
 説  教 「 神の手にある人 」
 司式説教 安井宣生  
 奏 楽  樺沢

【今後の予定】
●主日礼拝 日曜10:30  ●バイブルクラス 日曜9:30
●聖書に聴く会 木曜10:30 ●キリスト教入門 木曜19:30
●Christianity Today金曜18:15

本日 バイブルクラス、ロス師夫妻歓迎会、役員会
 18日(木) 読書会13:00
 21日(日) 聖書の学び10:30、聖歌隊練習
 28日(日) 聖歌隊練習、こむぎクラブ、大森教会献堂、エキュメニカルユース
 5月4日(土) 教区50年記念大会(三鷹)
 
【先週の教会】
 7日(日) 主日礼拝  大人46 子3 計49名
  7日(日) 聖書通読会           4名
 7日(日) 英語読書会
 7日(日) 墓前礼拝(小平:教会墓地)
 7日(日) 納骨式            14名
 9日(火) 祈祷会(聖書の学びと祈り)    7名
11日(木) 聖書に聴く会          5名
11日(木) キリスト教入門         5名
12日(金) 洗礼準備会、結婚準備会

【当番】
本日
聖書朗読  伊藤み、藤崎
受付・祈祷 内田
受付・点火 村尾い
生け花   田中
献 花   安井あ(誕生日)
 
次週(21日)
聖書朗読  増島す
受付・祈祷 長岡
受付・点火 吉見れい
生け花   錬石
献 花   島田(夫受洗記念日)、水上(感謝)、横道(誕生日)
 
【今週の聖書日課】 主日の詩編30:2-6
 15日(月) 列王記下10:1-36
 16日(火) 列王記下11:1-20
 17日(水) 列王記下12:1-22
 18日(木) 列王記下13:1-13
 19日(金) 列王記下13:14-25
 20日(土) 列王記下14:1-22
 
【集会のご案内】
 主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
 (こどもから大人までどなたでもご遠慮なくご参加ください)
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回5/5)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回5/14)
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より(次回4/21)
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回4/18)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回4/28)、こむぎクラブ(4/28)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時
 
※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。
 
【本郷学生センター】※英会話クラス。火曜日~金曜日。
 Christianity Today  毎週金曜日18時15分(Free)  
 English Coffee Hour 毎週金曜日19時30分
 

2013年4月6日土曜日

英語読書会20130303「Mere Christianity」5章



----------------
英語読書会(English Book Club)は毎月第一日曜日14時から15時30まで行われています。
参加無料です。お気軽にご参加ください。
----------------

1. 2013年3月の英語読書会では、Book1の最終章の第5章「私たちには不安を抱く理由がある」(We have cause to be uneasy)という箇所を学んだ。ここまで「人間性の法則」あるいは「道徳法則」というものが存在していることを論じてきた。

2. そしてこの法則の背後に何ものかが(Somebody or something behind the Law)存在しているのではないか、と考える。それを自分の力で発見しようとすると、その証拠となるものが二つある。一つは、何ものかが作り出した宇宙(Universe)である。もう一つは、私たちの心の中に植え付けられた道徳法則(the Moral Law)である。

3. 宇宙は素晴らしいから、これを作り出したものは、偉大な芸術家であると考える。しかし、彼は大変危険な非情な存在である。宇宙は大変危険な恐ろしいところだからである。

4. もう一つの証拠は、私たちの心の中にうえつけられた道徳法則であるが、これは、宇宙よりももっと自分たちが吟味できるものである。何故ならば、人間については、人間の中に情報があるからである。人間の自己吟味が道徳法則の証拠を提供する。このことは、ルイスの考え方を知るうえで、とても大切である。前回の第4章でもそれが具体的に説明されている。

5. この何者か(神・絶対的善)は正しい行為に対して強烈な関心がある。私たちは心の一部で、この何者かが人間の貪欲さや搾取を非とすることに賛同しており、一方でこの絶対的善があることで私たちの自身の行為を憎むことを知っている。

6. ルイスは、ここまでキリスト教については、語っていない。しかし、キリスト教についてこれから述べるわけだが、今までルイスが述べていることが認識されなければキリスト教のことが理解できないと考えているのである。「キリスト教が意味を持つのは、あなたが道徳法則とその法則の背後にある一つの力とを認識した後であり、しかも、あなたがその法則を破り、その力とどうもうまくいっていないということを認識した後である。その後に、初めてキリスト教は語り始めるのである。」と述べている。私(増島)は、この箇所を読みながら、50数年前に、北森嘉蔵先生(日本の代表的神学者)が本郷学生センターで行った講演で、「神の出る幕」ということを語られたことを思い出した。霊的な心の世界の探求は、自己の省察から始まるのである。

7. 話し合いでは次のようなことが意見交換された。

① 世の中は、必ずしも「正しい」方向に向かっているとは思えない。この本での道徳的法則に反している行動は日々起こっており、我々はそのことを自覚しているはずである。それなのに宗教的関心が世界的に低下しているのはなぜか。

② 宗教的関心が低下しているのではなくて、既存の教会や教義への関心が低下しているのではないか。ルイスの指摘しているような問題認識は、依然として存在しているのではないか。

③ ルイスは、彼が指摘している問題認識がないまま、キリスト教の許しとか慰めに入り込むのは、我々を混迷(Dismay)の中に引きこむことであると述べている。ルイスは自分たちの国際政治の甘い認識の克服が必要であったと語り、宗教についても同じであることを述べているが、ロンドンがナチス・ドイツによって爆撃されているときに、このことを述べているのは迫力がある。など


8. 次回の英語読書会は、2013年4月7日午後2時―3時半です。
 英語が得意でなくてもどうぞご参加下さい。
 Mere Christianity の訳本(キリスト教の精髄)を読んで参加する方々もいます。
 
 

2013年4月3日水曜日

20130331イースターの賛美



聖歌隊は神様への感謝と賛美を歌うのですが、自分達だけが歌うだけでなく、会衆の皆さんの心と共に賛美したいと願うものです。
そのために一生懸命練習をしますが、なにしろ素人の集まりです。一緒に練習する時間も限られています。
成功も失敗も神様に委ね神様に捧げます。

今回は森田先生、西澤先生のご指導の他に、この夏の留学を前にした高橋さん夫妻の指揮と伴奏という心強いご援助を頂いての賛美でした。

礼拝の中で賛美したのは「暮れ行く春の緑の野辺」All in the April EveningKatherine Tynan 作曲、Hugh S. Roberton作詞 森田稔教訳詞)でした。
暮れ行く春の野辺に羊たちが憩う、そのような牧歌的情景。しかし、そこにイエス様の十字架が立つという酷い私達の現実。そのような私達を救って下さった主への感謝と甦られたイエス様への喜びを歌いました。

祝会では「あゝ、救い主」O Savior of the WorldSir John Gross作曲、森田稔教訳詞)を歌いました。

Sakai