2012年2月27日月曜日

英語読書会2011年12月



1. 2011年12月4日(日)13:30-15:00に開かれた英語読書会では、『あなたに聞いて欲しい聖書の世界』“The World of the Bible: Hear How It Lives Today” 第8章「せきせいいんこの死」(The Death of the Parakeets)を読みました。

2. この文章は、数十年前に、すでに結婚した娘が小学生の頃に買ってあげた2羽のせきせいいんこ(スミレとブル)の話です。飼い主(娘とわたし)が小鳥のために行った親切が、無知であるが故に、一羽は、不具鳥になり、もう一羽は、命を絶ってしまった、という話です。

お母さんと赤ちゃんのためのオープンハウス2012年2月

まだ寒さ厳しい毎日ですが、「お母さんとあかちゃんたちのためのオープンハウス」は 今月も行います。明日2月28日(火)10:30~11:30 です。

宣教師のリードで英語で歌うこと、 子育ての嬉しいことや大変なことを語り合う、 和やかな場です。 お父さんも歓迎します!
どうぞいらしてください。
  
本郷教会・本郷学生センター
住所 113-0033 文京区本郷6-5-13(東京大学正門向かい、本郷郵便局ウラ)
電話 03-3814-0766
URL http://www.jelc.or.jp/hongo/
E-Mail hongo@@jelc.or.jp
 

2012年2月26日日曜日

週報2012-2-26

2012-No.9 2012年2月26日
四旬節第1主日礼拝


【主日の祈り】
主なる神さま。 
あなたは昔、その民を約束の地へ、荒野の中を導かれました。
今、この世の荒野で、救い主に従って歩む民の群を、栄光のみ国へ導いてください。 
あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、
主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

2012年2月21日火曜日

週報2012-2-19

2012-No.8 2012年2月19日
変容主日礼拝

【主日の祈り】
全能の神様、山の頂きにきらめいたあなたの真実は、私たちの心をも輝かせます。
 み子によって私たちを新たにし、み旨に従って世界を照らしてください。
あなたと聖霊とともにただひとりの神であり、とこしえに生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。
アーメン
 

2012年2月17日金曜日

英語で礼拝メッセージ(2)

学生センターのクラスのみなさんへ!

次の文章は、2012/2/12に行われた日曜礼拝での安井牧師の説教英訳の一節です。どうぞ読んで下さい。

イエスさまは沢山の人々の病を治しました。「らい」と呼ばれた重い皮膚病や、中風の人目の見えない人たちです。
イエスさまの治し方に二つの特徴がありました。それは、
①病んでいるところに手を触れる、
②言葉をかける、でした。
それがどういう意味があったのか、というのがこの1節の主題です。これを考えていくと、今の社会の重大問題にも突き当たります。(Masujima)

His healing was quite different from modern medicine. But he healed many people. The common feature of his healing was touching his hand on affected body parts, and giving words. In other words, he tried to have relations with those alienated people by touching them and giving his words to them. Those who were physically and spiritually handicapped were afflicted not only with their disease but also with alienation from ordinary people. Situations of touching or speaking seen in ordinary society were unavailable to them. People generally believed that their suffering was owing to their sins and their ancestors’ sins, and their suffering was God’s punishment. Those who suffered also had the same idea. Further, people thought that contact with those handicapped would catch them in the same sins. This is similar to present day damage caused by rumors. So alienating situations were formed. Therefore, Jesus' healing was to restore normal relations as well as getting rid of disease. It was to emancipate people from prejudice or the selfish judgments of people by people.

(訳注)
alienate: 疎外する
catch them in the same sins: 同じ罪に引きずり込む。
damage caused by rumors: 風評被害
emancipate: 解放する

読書会20120216「ローマの歴史」(第2回)

「ローマの歴史」モンタネッリ著 藤沢道郎訳(中公文庫)

ローマ帝国の歴史については、イギリス文学の白眉とされるギボンの衰亡史(平家物語の滅びの美学?)、共和制を賛美したモンテスキューの盛衰原因論、最近では塩野七生の「ローマ人の物語」と参考書はたくさんありますが量と読みやすさから本書を選びました。
---
ローマの歴史の中で最も面白い(?)部分がその2(187ページから362ページ)です。

地中海に大帝国を築いたローマが絶えざる反乱と戦いながらその一方で覇権を争った権力闘争が行われ最後にオクタビアヌスが勝利を得るのですが閨閥にお家騒動の種があり問題を残します。
グラックス兄弟の改革は歴史の教科書でお馴染の出来事です。
マリウス、スラの血で血を洗う殺戮、暴行、掠奪は傭兵隊の採用により一層可能であったのではないでしょうか。
後世トーマス・モアは、その著ユートピアのなかで「盗人はいざとなれば大胆不敵な兵隊にならないとも限らないし兵隊だっていつ何時勇敢な盗人にならないとも限りませんからね。そのくらいこの二つの商売はお互いに意気投合しているのです。」と述べています。

カエサル、アントニウス、ポンペイウスそしてクレオパトラとくればシェイクスピア劇を思い出して胸の高鳴る方も多いでしょう。
配するに雄弁家のキケロ、哲人政治家セネカと多士済々の時代でした。

それでは目次別のまとめをごらんください。

祈祷会(聖書の学びと祈り)20120214報告

2012年2月14日
ヨナ書(第1回)
讃美歌 教会讃美歌54番
2月からヨナ書を学ぶことになりました。
今回はその概観です。まず4章まで輪読し、牧師の解説を聞きました。

ヨナ書は旧約聖書の12小預言書のひとつですが、内容は他の預言書と大きく異なります。
ストーリーは以下の通りです。
・ヨナはニネベに対する神の審判を語るために遣われそうになったが、使命を避けヤッファからタルシシュへ向かう舟に乗り込む。
・神に背いたヨナは海へ投げ込まれ、大きな魚に飲み込まれ、3日3晩を過ごした後、陸へ吐き出される。
・神はヨナに再びニネベ行きを命じ、ヨナはそれに従いニネベに赴き神の裁きを語る。
・ニネベの人々はそれを受け入れ、改めたので神は怒りを取り下げるが、その様子にヨナは納得がいかない。
・神はヨナに、とうごまの木を1日ではやし、1日で枯れさせ、それを惜しむヨナの心と同じように、神もまた悔い改めた人と同じように、神もまた悔い改めた人々が滅びるのを惜しむことを告げる。

2012年2月14日火曜日

週報2012-2-12

2012-No.7 2012年2月12日
顕現節第6主日礼拝

【主日の祈り】
全能の神さま。
あなたはいのちの言であるみ子によって、私たちの目と耳を開いてくださいました。
 聖書の宣べ伝えていることを、私たちが喜んで信じ、行うことができるように助けてください。み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

2012年2月10日金曜日

週報2012-2-5

2012-No.6 2012年2月5日
顕現節第5主日礼拝・教会総会

【主日の祈り】
弱い者を強くし、よろめく人を支えてくださる神様。
あなたの癒しと全きいのちの使者となり、福音の喜びを世界の隅々に伝えることができるように、どうか私たちを遣わしてください。
救い主、イエス・キリストによって祈ります。アーメン