2012年1月30日月曜日

次回の読書会(2月16日)のご案内

次回の読書会は、2012年2月16日13時30分より、行われます。

「ローマの歴史」(モンタネッリ著:藤沢道郎訳:中公文庫)の第2回です。187〜362ページです。

グラックス兄弟の改革、執政官(将軍)たちの権力闘争を経てカエサルの台頭、クレオパトラの悲劇、アウグストス即位からネロまで。

読書会20120119「ローマの歴史」(第1回)

「ローマの歴史」モンタネッリ著 藤沢道郎訳(中公文庫)

ローマ帝国の歴史については、イギリス文学の白眉とされるギボンの衰亡史(平家物語の滅びの美学?)、共和制を賛美したモンテスキューの盛衰原因論、最近では塩野七生のローマ人の物語と参考書はたくさんありますが量と読みやすさから本書を選びました。

それでも大部なので3回に分け第一回目はローマの起源からポエニ戦争の終わりまで (1-186ページ)までとします。

まずローマの起源譚(神話)としては当時の文明の再高峰を誇りアレキサンダー大王も心酔したギリシャ文明の影響を大きく受けた内容となっています。
それにしてもロムルスとレムスの生まれたばかりの双子が舟で流れついたり、兄(?)の レムスをロムルスが鋤で撃ち殺す場面は何処かで見た風景ですね。 

実際はラテン、サビ―ニ人を中心にエトルリア人も加わり多民族の集団であったようです。
特にラテンサビーニ系は農耕民族であったのにエトルリア系は通商民族であり内部での厳しい相克がありました。
(日本では縄文人と弥生人との相克はどうだったのでしょうか、出雲神話とか、古事記の日本尊などがそうだったのでしょうか、いづれにしてもローマのように異民族との抗争が延々と続くような地理的な環境でなかったことは幸せだったというべきでしょう。)

いずれにせよ異民族の渦中で闘争に明け暮れたヨーロッパの種族の間では古くから戦いという日常がDNAのなかに強い影響を与えていて、ローマ人はその申し子のような存在であったようです。モンテスキューは「人(ヨーロッパ人)は決してローマ人から離れることはできない。」と述懐しております。

「ローマは一日にして成らず」王政から共和制に至る中でローマは何度も戦いに敗れ亡国の危機に見舞われますが、人民の徳性と元老院を中心とした良識に救われ最後はハンニバルを倒しカルタゴを殲滅して地中海の王者となります。 

余談ですが、ユダヤ人によるカルタゴという古代地中海の第一級の文明がローマ人によって跡形もなく消滅させられ、今では往時を偲ぶよすがすらないことは残念ですね。

週報2012-1-29

2012-No.5 2012年1月29日
顕現節第4主日礼拝

【主日の祈り】
憐れみと慈しみの神様。
あなたは宇宙のすべてをみ光のうちに包み、御子を顕してくださいました。
わたしたちが破れを負う時にそれを繕い、心乱れる時にあなたの真実を私たちの耳に届けてください。
そしてあなたの創ったすべてのいのちが、御子を受け入れることができますように導いてください。
救い主、イエス・キリストによって祈ります。
アーメン

week 3 Bible Study(2012 Winter )

Week 3 Bible Study
January 24th – January 27th

Bible Reading: 1 Corinthians 12:4-7

4 There are different kinds of gifts, but the same Spirit distributes them. 5 There are different kinds of service, but the same Lord. 6 There are different kinds of working, but in all of them and in everyone it is the same God at work. 7 Now to each person the manifestation of the Spirit is given for the common good.


Teaching Point:
 All of us are given different gifts and blessings by God. How should we use them? The Bible teaches us that we should use our abilities in order to build up our communities in a positive way. How do you use your gifts?


Better Understanding through Drama (Stone Soup)
(Note: Stone soup is simply stones cooked in hot water. )

Poor Person: I have nothing to eat! I will have to make stone soup for dinner.
Neighbor 1: Hey Poor person, what are you making?
Poor Person: Stone soup. It’s really good, but it needs more flavor!
Neighbor 1: Well, I have some extra carrots, do you want them?
Poor person: Sure, throw them in!
Neighbor 2: Hey, what are you two guys making?
PP & N1: Stone soup! It’s really good, but it needs more flavor.
Neighbor 2: Well, I have some leftover chicken. Do you want it?
PP & N1: Sure, throw it in!
Neighbor 3: Hey, what are you three guys making?
PP, N1, N2: Stone soup. It’s really good, but it needs more flavor!
N3: Well, I have some potatoes. Do you want them?
PP, N1, N2: Sure, throw them in!
PP: Hey everybody, what were you going to make for dinner tonight?
N1: Well, I`m very poor, so I was only going to eat those carrots.
N2: Well, I`m also very poor, so I was only going to eat that leftover chicken.
N3: Well, I`m also very poor, so I was only going to eat those potatoes.
PP: Wow, when we share what we have, we`re not so poor anymore, are we!
Everybody: Let’s always make stone soup!
 

2012年1月18日水曜日

week 2 Bible Study(2012 Winter )

2012 Winter Semester
Week 2 Bible Study
January 17th – January 20th

Bible Verse: Joshua 1:9
9 Have I not commanded you? Be strong and courageous. Do not be afraid; do not be discouraged, for the LORD your God will be with you wherever you go.”

Teaching Point:
 Every child knows the parental promise, “Don`t be afraid, I am right here with you!” In the Bible God, our Father, makes us this promise over and over again. This promise of God`s presence is a promise of care, and while God`s presence may not always be the only thing we want from God, it is a gift He consistently gives without holding back.

Better Understanding Through Poetry!

One night I dreamed I was walking along the beach with the Lord.
Many scenes from my life flashed across the sky.
In each scene I noticed footprints in the sand.
Sometimes there were two sets of footprints,
Other times there was one set of footprints.
This bothered me because I noticed
That during the low periods of my life
When I was suffering from anguish, sorrow, or defeat,
I could see only one set of footprints.
So I said to the Lord, “You promised me Lord, that if I followed you,
You would walk with me always.
But I have noticed that during the most trying periods of my life
There have only been one set of footprints in the sand.
Why, when I needed you most, have you not been there for me?”
The Lord replied, “The times when you have seen only one set of footprints
Are the time when I carried you.”
 

週報2012-1-15

2012-No.3 2012年1月15日
主の洗礼日礼拝

【主日の祈り】
天の父なる神さま。
あなたはヨルダン川でイエス・キリストに聖霊を注いで「私の愛する子」と言われました。み名による洗礼によって、あなたの子どもとされた私たちが、み心に従って歩み、永遠の命を受ける者となるようにしてください。あなたと聖霊とともにただひとりの神であり、とこしえに生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

2012年1月13日金曜日

Week 1 Bible Study(2012 Winter Semester)

2012 Winter Semester
Week 1 Bible Study
January 10th – January 13th

●Bible Verse: Philippians 4:12-13
12 I know what it is to be in need, and I know what it is to have plenty. I have learned the secret of being content in any and every situation, whether well fed or hungry, whether living in plenty or in want. 13 I can do all this through him who gives me strength.

●Teaching Point:
Unfortunately in the Bible God never promises to keep us from trouble in this life. In fact, Jesus at one point tells His disciples, “In this life, you will have trouble.” What this means is that faith does not help us avoid trouble in our lives. Instead our faith in God helps us overcome the troubles that we meet.

●Better Understanding Through Drama!

A conversation between Peter and Jesus in Heaven

Jesus:  Hey Peter, you look sort of sad. What’s wrong?
Peter: Well Jesus, I’m a little mad at you.
Jesus: Really, why?
Peter: Well, I spent most of my adult life following you and working for you, right?
Jesus: Yeah, and you did a great job! Thanks!
Peter: Yeah, I did a great job, but what did I get out of it? I hardly ever saw my family. I was poor and so I missed lots of meals. And in the end, I died a rather young man. I had lots of trouble!
Jesus: Peter, I told you that following me would be difficult. I said that following me would give you a blessed life, not an easy one.
Peter: What’s the difference?
Jesus: A blessed life is a life full of love, friendship, purpose, joy, wisdom, faith and courage. Didn’t you have all of those things when you were working with me?
Peter: Yeah, I guess I did. Sorry Jesus, you’re right, it wasn’t so bad!

2012 Hongo Winter Semester Bible Study Syllabus

2012 Hongo Winter Semester Bible Study Syllabus

Simple Words of Wisdom from the Bible!


Week 1: Philippians 4:12-13.
Teaching point: Faith does not help us avoid trouble, faith helps us get through trouble.

Week 2: Joshua 1:9.
Teaching point: Confidence is not only a gift we receive from God, but a command God gives us. He says, “Be confident, I am with you!”

Week 3: 1 Corinthians 12:4-6.
Teaching point: All people are given different gifts by God to be used for the building up of our community. Others lean on us for our gifts and we lean on others for theirs.

Week 4: Pastor Yasui

Week 5: Matthew 18:21-22.
Teaching point: God never limits His forgiveness for us, and He asks that we never put a limit on our forgiveness for others.

Week 6: Job 1:21.
Teaching point: God is the source of our blessings and our challenges. God’s work in our life is not to give pleasure, but to make us holy and joyful. This makes faith difficult.

Week 7: Matthew 5:38-39.
Teaching point: Violence only creates more violence. Peace and love are the things that destroy hate and anger.

Week 8: John 1:14.
Teaching point: Jesus is God with and among us. If we want to know what God is like we just have to remember Jesus!
 

祈祷会(聖書の学びと祈り)20120110報告

コリントの信徒への手紙二(第16回)13:1-13「祝福の祈り」

・教会讃美歌 52番
・新約聖書一日一章(榎本保朗著)の朗読
・学び
コリントの信徒に対する勧告のまとめ
1〜4節 パウロは使徒権はあるか?金銭に汚い、風采があがらないとか非難攻撃されるのに対して、パウロは何も出来ない弱いキリストではなく、力強くせまってくるキリストについて、証する必要があった。キリストは神の能力を持った方であるが、人間の弱さを味わわれた。
5節 最後の警告、勧告
    真の信仰において言動しているかを自省、自己吟味しなくてはならない。
 6〜11節 
   パウロの自己弁明とコリント教会の人々の信仰の完成を祈る。
そしてキリストが自分のなかに生きてくださることを悟らねばならない。
   それがなければ失格である。厳しさにかくされた深い愛情。
12〜13節 
    互いに祈り 祝福の祈り
パウロの祈り。キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わり。まずキリスト。

・話し合い
 神学は信徒には必要ないという意見があるが。
木の根っこのようなもので、そこに関心がなければ、生き生きとした信仰は育まれない。
神学とは、「神とは」と永遠に問うこと。イエスを知ること。神学は信仰の助けとなる。

 人と違うことは否定されていることではない。違う視点を与えられている。
キリストに生かされている、自分と他者、各々の役割、個性は創られている。
 
 今回でコリント書は終わりです。
次に取り上げるものは検討中です。候補を出していただきたいと思います。
一人でも多くの参加をお奨めいたします。

・祈り
○ 2012年の本郷教会の働きの上に祝福を。
○ 愛する家族との別離の寂しさの中にある方々に慰めを。
○ 仕事を始められた方、勉学に励んでいる方に力を。
○ 総会の上に恵みを。
○ 会員や関係の方々、ご家族の体調の回復、癒やしを。
○ 高齢者の方々の在宅の中での信仰に祝福を。      
○ 家族の方の結婚、誕生に祝福を。

出席  4名
ランチ 大人6名 子ども2名(はじめてルーカスさんをお迎えして)

次回は 2月14日第2火曜日 です。

2012年1月11日水曜日

週報2012-1-8

2012-No.2 2012年1月8日
顕現主日礼拝


【主日の祈り】
 父なる神さま。あなたは、星の導きによって御子を世界の国々に顕してくださいました。私たちが暮らしのただ中であなたに気づき、ついには全き栄光の輝きに与かることができるよう、信仰を導いてください。あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、とこしえに生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン


2012年1月2日月曜日

週報2012-1-1

2012-No.1 2012年1月1日
新年礼拝
【主日の祈り】
永遠の神様。
あなたは時空の世に人を据え置き、そこで暮らす私たちを愛をもって祝福してくださいます。
新年の初めにあたり、生きて働くあなたにいつも気づきながら、喜びあふれた日々を送ることができるよう導きをお祈り致します。
 あなたと聖霊とともにただひとりの神であり、永遠に生きて治められる私たちの主、み子イエス・キリストによって祈ります。アーメン

2012年1月1日日曜日

クリスマスの聖歌隊

今年のクリスマスは丁度25日が聖日でした。
聖歌隊では、今年1月に楽譜を頂いた「ハレルヤコーラス」を、飛び入りも含め10数名で、4パートに分かれ歌い上げました。

<音声はこちらから http://www.voiceblog.jp/hongo/

今年はグリーンの楽譜カバーを用い、服装の統一もして、一応の格好はつきましたが、何せ大曲です。
練習時間が礼拝後しかなく、それも、毎週練習できるわけではなく、各パートのズレも生じた合唱でしたが、各自が現在の精一杯を心から歌い、ハレルヤ!全能の神を賛美しました。
高らかに声を上げ歌った人が一番得をしたと思います。

ご指導くださった先生方に感謝し、何時も伴奏をしてくださるTさん、聞いて頂いた教会の皆様にお礼を申し上げます。

礼拝後の祝会では、4班が担当した美味しいお食事の後で、小曲「野にある牧人」をピアノの周りで4部合唱致しました。
来年も良いコーラスができますよう願っております。

kamoshita